サイタの評判や口コミはこれだ!調べて分かったサイタの事実

イタを利用した経験がゼロです。

正直にいいます。

私、サイタを利用したことが一回もありません。

ですが、サイタに興味はあります。

どこに興味を持ったのかというと、

そもそも、サイタって何?

サイタの口コミや評判ってどうなの?

大きくわけるとこの2つの話に興味を持っています。

自分がサイタに興味をもっているので、自分目線の話になってしまうかもしれません。

ですが、できるだけ、サイタに興味を持たれている方にとって有益なお話になるように、サイタの口コミや評判なども含めてお話させていただきます。

今回は、サイタ経験ゼロの私目線で書いたサイタの口コミや評判についてのお話です。

1.サイタとは何?

サイタで好きなフレーズの1つに、

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

夢中になれる毎日がある。

という素晴らしい言葉があります。

サイタにアクセスしていただければ分かりますが、サイタとは、習い事などのレッスンを受けることができるサイトです。

もちろん、韓国語の習い事もあり自分が興味をもった習い事を見つけて、夢中になり熱中する中で自分の人生を輝かせていこうよ。

こういったメッセージが込められているのではないかと私はサイトを見ながら感じました。

習い事のサイトで有名なものに、

生涯学習のユーキャン

これ、聞いたことありませんか?

私自身、ユーキャンで何度か資料を取り寄せたことがあります。

例えば、

ペン習字や社労士などに興味があったので、その資料を請求した経験はあります。

私の中で、習い事はユーキャンも充実しているので別に困ることはないよね。

このように思っていました。

ですが、今回サイタを調べていくと、私の今まで知らなかったシステムがあることに気づきました。

そこでサイタの特徴を簡単にまとめてみます。

1-1.サイタの特徴1 プライベートレッスン

サイタを調べて分かったことの1つに、

プライベートレッスン

という仕組みがあります。

最近ではパーソナルトレーナーと呼ばれるトレーナーの看板が増えていますよね。

このパーソナルトレーナーのように、自分とトレーナーの1対1で直接レッスンんを受けることができる。

そんな仕組みを活用した習い事となっています。

自分一人で送られてくる教材を勉強する。

これはこれで自分のペースで行えるので良いですが、トレーナーがいることで自分の間違えた部分などをアドバイスしてくれます。

これ、かなり大切だと思います。

結果が出ている人に

アドバイスを求める。

こっちの方が労力も時間もムダにしなくてすみます。

これ、個人的に良いしくみだなと感心しているサイタの特徴です。

1-2.サイタの特徴 料金が比較的安い

サイタの特徴で不安に思っていたことがあります。

それが、

プライベートで教えてくれるのはいいけど、

レッスン料って高いかも。

この不安です。

1対1を基本としたレッスンであるため、比較的安い値段で習い事を受けることができます。

しかも、サイタの大きな特徴に、一回無料体験といった取り組みもついています。

ですので、気軽に始めやすい環境が整っているといえます。

1-3.サイタの講師陣は認定試験

どんな講師がいるの?

多分、こんな疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか?

特に、サイタの場合はプライベートレッスンで1対1が基本形です。

ということで、大切になってくるのが講師の質です。

教えてくれる人がド素人では話になりませんよね。

サイタを調べていくと講師になるには認定試験というものがあると書いてあります。

サイタという質を保つ上での対策が至る所であることは、受講する側としては非常に安心できる点だと言えます。

もちろん、あなたに教えてくれる講師との相性はありますので、すべてが満足という形になるかは別です。

ですが、

講師に認定試験が行われる。

これ、かなり大切なことだと思うのです。

2.サイタの口コミ

ここまで、私がサイタについて色々と調べて分かったことについてお話させていただきました。

つまり、私目線の記事なのです。

ですので、私が見えていない盲点があると思います。

そこで、違う視点からサイタについてみていくことも必要ですよね。

違う視点を持つために必要なのが、第三者の口コミや評判です。

そこで、サイタの口コミについて参考になりそうなサイトなども交えてまとめてみます。

(引用;https://cyta.jp/TaikenReviewList.do)

このサイトは、サイタにある口コミや体験談の項目から引用させていただいたものです。

この口コミを読みながら思ったことがあるのですが、

サイタって私が知らないような習い事がたくさんあるなと思うのです。

例えば、パソコンマック使い方教室。

この習い事、私も受けてみたいです。

アップルストアにいった時にはマックの使い方に関するセミナーなどはあります。

ですが、プライベートで行えるマックのパソコン教室。

これかなり魅力的だなと思ったのは、私だけではないはずです。

これ、すごいですよね。

それから、私が面白いと思ったのが、モデルウォーキングコースです。

これ個人的にかなり興味があります。

モデルになれなくても、歩き方だけでもモデルさんのように歩きたい。

と少し思って、グーグルで「モデルの歩き方」と検索してしまったぐらいです。

私が今回参考にした口コミサイトも載せておきます。

興味のある方はご参考になさってみてください。

サイタの口コミサイト;
サイタの口コミを知る

3.サイタの評判

口コミと評判の何が違うのか?

よく分かりませんが、ここからはサイタの評判について少しまとめてみます。

先ほどお話させていただいたサイタの口コミですが、そのほとんどがサイタに載せられている口コミです。

私が情報を調べる際に特に意識していることは、

個人サイトで、実際にサイタで習い事をした経験の

ある人が書いたサイト

このサイトを見つける必要があります。

なぜなら、サイタ側からするとと、サイタを活用してほしいので苦情に関する口コミを載せないと思うからです。

ですので、こういった時はサイタからの口コミではなく、

個人ブログなどで経験談をさがしてみる

ことも大切です。

例えば、個人ブログで口コミやレビューをまとめている サイト などはかなりつかえます。

私が検索したワードは「サイタ 口コミ 個人ブログ」

このような検索ワードで探すと色々なサイトが出てきやすいです。

一度、ご自身でも調べてみてください。

それから、サイタの評判で色々と調べてみたのですが、サイタは講師側(お金を儲ける側)からのデメリットという部分に関する記事も多いです。

例えば、講師側からのデメリットとしては、

人気講師になるのが難しい。

ライバルが多いので講師になっても生徒がいないこともある。

このような感じで、講師側からのサイタの評判や口コミも多いです。

これらのサイトを見ながら思ったことなのですが受講側から考えれば、

講師の質は他の習い事よりは高い可能性がある。

私自身はサイタの評判や口コミを調べながら、このような感覚を持ちました。

その最大の理由の1つは、

無料体験でこの講師だめじゃん!

となったら生徒の口コミが広がって、次からのリピータがゼロになる可能性があるためです。

つまり、この無料体験が講師からすると勝負なので講師の力が試されているシステムになっているのではないかと考えています。

4.口コミや評判より大切なお話

これまで、口コミや評判について色々とお話させていただいたのですが、はっきりと言って情報を集めるだけでは参考になりません。

机上の空論

だからです。

ですので、実際に習い事をして講師などを見てみることが大切になってきます。

体験の中からやってみた感想も生まれますし、やってみないことには何もつかめないからです。

もちろん、情報収集は大切な要素です。

ですが、いくら評判や口コミを集めたからと言って、頭の中が情報でいっぱいになるだけで経験は空っぽなんです。

ですので、

今すぐ行動。

この部分が言いたいです。

サイタのキャッチフレーズでもある、

夢中になれる毎日。

興味を持たれた方は是非ご覧になってみてください。

夢中になれる毎日を手に入れる;
大人が楽しむマンツーマンの習い事サービス【サイタ】

4.今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はサイタの口コミや評判についてお話させていただきました。

私は習い事に興味があります。

語学を勉強されているあなたも、もしかすると、

色々なことを学びたい!

と思われているかもしれません。

勉強するからには、

結果を出さないといけない。

私は、この考え。

今の学校教育の弊害だと感じています。

勉強自体をもっと楽しんで、

資格をとるためでも、

点数をとるためでもなく、

ただ、自分の興味をもった勉強を楽しむため。

この動機付けをもっても良いと思うのです。

もちろん、目標は大切だとは思います。

ですが、私は学校を卒業した後に熱中できることを持つ。

ここに、充実したライフスタイルを過ごす秘訣が隠されていると感じています。

今回記事を書きながら感じたことは、

もっと勉強自体を楽しもう。

結果が出なくても気にしない。

この2つを私は大切にして語学を極めて行きます。

これは私の考えなので、あなたはあなたの信じる考えで突き進めていただけると私も嬉しいです。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば、私のこれからの励みになります。

長文読んでくださりありがとうございます。