もっと身近に韓国ナビ

韓国語・コスメ・教育・留学など韓国情報を日々あなたにお届けします!

韓国語の動詞

韓国語「無くす」と「失くす」の単語の使い方が5分でスッキリ!

投稿日:

「なくす」は漢字で書くと、「無くす」「失くす」に分けられます。

「失くす」に当たる韓国語は잃다(イルタ)を使って表します。

「財布を失くしました」
「やる気を失くしました」

「失くす」をつかった言い方には色々な言い方がありますよね。

もう1つの「無くす」を表す場合には、違う単語を使って表します。

「失くす」と「無くす」はそもそも、何が違うの?

このようなお話から、韓国語「なくす」についてお話させていただきます。
スポンサーリンク

韓国語「失くす」

「失くす」を表す韓国語は、잃다(イルタ)を使って表します。

失くす=잃다(イルタ)

この잃다(イルタ)を使うことで、

「財布を失くしました」
「自信を失くしました」

このように、表すことができます。

では、この잃다(イルタ)を使った「失くす」にはどういった意味があるのでしょうか。

잃다(イルタ)を使った「失くす」

失くす=意図していない

実は、잃다(イルタ)を使った「失くす」を使う場合には、

『意図していない』

この部分が大きなポイントになります。

例えば、

「財布を失くしました」

この例文で考えてみましょう。

あなたは、意図的に財布を失くしたくて、財布を失った経験ってありますか?

財布にお金は入っていて、その他にも、クレジットカードや運転免許証、保険証など、あなたにとって重要なものが財布には入っている可能性がありますよね。

そんな大切なものが色々と入っている財布を『意図的に失くす』人は、あまりおられないと思います。

ちなみに、私は今31歳なのですが、今まで3回財布をどこかに落として失くした経験があります。

うっかり屋さんでは済まされない失態を犯しています。

ですが、ラッキーなことに、3回のうち2回は自分の手元に無事に戻ってきたラッキーな経験があります。

そして、3回目の財布無くした事件は大学生の時なのですが、学生の食堂を掃除しているおばちゃんがたまたまた見つけてくれて、事務所に届いました。

残念ながら、お金は無くなっていたのですが、身分証などは無事だったという経験があります。

このように、自分が意図しないハプニング的に起こる事柄によって何かを『失くした」場合は、잃다(イルタ)を使います。
スポンサーリンク

잃다(イルタ)の例文

【財布を失くしました】
ジガブル イロッソヨ
지갑을 잃었어요

財布は지갑(ジガプ)と使います。

それから、「失くす」を使う場合には、過去形で使う場合が多いです。

「失くしました」
イロッソヨ
잃었어요

「失くしました」と言いたい場合には、잃었어요(イロッソヨ)と言います。

「失くしました」の丁寧語

「失くしました」をさらに丁寧に表現することもできます。

イロッスンニダ
잃었습니다

このように表現することもできます。

ですが、この表現は丁寧すぎて日常会話ではあまり使われません。

どちらかと言えば、ニュースやフォーマルな場面でのみ使われる表現です。

「失くしちゃった」の言い方

「どこかで、財布を失くしちゃったんだ」

「財布を失くしちゃったんだけど・・・」

このように、「失くしちゃった」と言いたい時もありますよね。

「失くしちゃった」
イロ ボリョッタ
잃어 버렸다

「失くしちゃった」と言いたい場合には、잃어 버렸다(イロ ボリョッタ)と使います。

「失くしちゃった」とは、日本語で言い換えると「失くしてしまった」となります。

韓国語で「失くしてしまった」の言い方が、

잃어 버렸다(イロ ボリョッタ)に当たります。

ですので、「失くしちゃった」も잃어 버렸다(イロ ボリョッタ)と使えます。

【どこかで携帯を失くしてしまった】
オディンガエソ ヒュデジョナルル イロ ボリョッタ
어딘가에서 휴대 전화를 잃어 버렸다

韓国語で携帯電話は、휴대 전화(ヒュデ ジョナ)と言います。

ですが、この휴대 전화(ヒュデ ジョナ)は最近はあまり聞いたことがありません。

私は、携帯電話を휴대 전화(ヒュデ ジョナ)と習ったのですが、実際には韓国人が携帯電話という時には、

ヘンド ポン
핸드 폰

韓国人は、휴대 전화(ヒュデ ジョナ)も使うようですが、핸드 폰(ヘンド ポン)の方がもっと使っています。

잃다(イルタ)に関係のある単語

失くしたら大変だけど、「失くす」に関係のある単語について、少しまとめていきます。

各単語の下に、その単語を使った例文も載せていますが、잃어 버렸다(イロ ボリョッタ)を使って表します。

【失くした後悔を伝える場合】
イロ ボリョッタ
잃어 버렸다
【失くした場合】
イロッソヨ
잃었어요

「失くした」には、잃었다(イロッタ)という言い方もできるのですが、잃어 버렸다(イロ ボリョッタ)の方が、失くした後悔が強い表現になります。

もしもあなたが失った後悔が強い場合には、잃어 버렸다(イロ ボリョッタ)を使うことをオススメします。

「財布」
ジガプ
지갑
「財布を失くした」
ジガブル イロボリョッソヨ
지갑을  잃어 버렸다
「携帯電話」
ヒュデジョナ
휴대 전화

ヘンドゥ ポン
핸드  폰

「携帯を失くした」
ヘンドゥポヌル イロボリョッソヨ
핸드 폰을  잃어 버렸어요
「財産」
ジェサン
재산
「財産を失くした」
ジェサヌル イロボリョッソヨ
재산을  잃어 버렸어요
「お金」
トン
「お金を失くした」
トヌル イロボリョッソヨ
돈을 잃어 버렸어요
「本」
チェッ
「本を失くした」
チェグル イロボリョッソヨ
책을  잃어 버렸어요
「書類」
ソリュ
서류
「書類を失くした」
ソリュルル イロボリョッソヨ
서류를 잃어 버렸어요
「腕時計」
ソンモク シゲ
손목 시계
「腕時計を失くした」
ソンモク シゲルル イロボリョッソヨ
손목 시계를  잃어 버렸어요
「帽子」
モジャ
모자
「帽子を失くした」
モジャルル イロボリョッソヨ
모자를 잃어 버렸어요
「ジャケット」
ジェキッ
재킷
「ジャケットを失くした」
ジェキッスル イロボリョッソヨ
재킷을  잃어 버렸어요
「家」
チブ
「家を失くした」
チブル イロボリョッソヨ
집을  잃어 버렸어요

失くしたら困るものばかりですが、一応、「失くす」に関練した単語をまとめてみました。

ですが、あなたの人生において、最も失くしてはいけないものがあるのですが、ご存知でしょうか?

これだけは失くしてはいけないもの!

人生においては、家やお金など、失くすと生きていくことが苦しくなるモノはたくさんあると思います。

その1つが、あなたの命であったり大切な家族などです。

『命」は、韓国語では생명(センミョン)、목숨(モクスム)という言い方で表されています。

そして、あなたにとって大切な家族の存在も非常に大きいですよね。

家族は、가족(カジョク)と表します。

このように、失くしてはいけないものは、人それぞれたくさんあるかと思います。

ですが、特に家族を守っていく上で大切なものに「仕事」があると思います。

「仕事」による対価としてお金」をもらい、そのお金を使って生活ができているわけです。

仕事を失ってしまうと、生きていことが困難になってしまいますよね。

【仕事を失ってしまった】
イルル イロボリョッタ
일을 잃어버렸다

「仕事を失った」は、일을 잃어버렸다(イルル イロボリョッタ)と使います。

【職を失くした】
イルジャリルル イロボリョッタ
일자리를 잃어버렸다

「職を失った」は、일자리를 잃어버렸다(イルチャリルル イロボリョッタ)と言います。

일자리(イルチャリ)は、「働き口」という意味があります。

このように、ビジネスがなくなってしまうと、大変な事態に陥ってしまいますよね。

そこで、私自身がビジネスをする上で心がけている『ある言葉』をご紹介させていただきます。

その言葉はコレです。

『お金は失っても信頼だけは失うな』

この言葉は、常に自分に言い聞かせている大切な言葉です。

ちなみに韓国語で表現するとこうなります。

【お金は失っても、信頼だけは失うな】
トヌル イロボリョド シンレ マヌン イロボリジ マセヨ
돈을 잃어 버려도 신뢰 만은 잃어 버리지 마세요

このようになります。

仕事を行う上で、一番大切なことは「信頼を失わないこと」です。

ビジネス上のパートナーやお客さんとの信頼関係を失ってしまうと、その信頼を取り戻すためにかなりの労力と時間が発生してきます。

信頼を作るには、何年何10年という時間とエネルギーが必要だということは自分でビジネスされている方や、仕事をされている方からすると

「当たり前の話じゃん!」

と思われると思います。

ですが、この子の信頼関係も一瞬でなくなってしまう可能性があるということは、常に考えておく必要があると感じています。

この信頼は、ビジネス上に限らず、例えば、家族との信頼関係にも当てはまります。

奥さんや旦那との信頼関係。

子供との信頼関係。

このような人間関係も日頃から作っていく必要があります。

このような信頼関係は、日頃から意識して作っていかないと、なかなか強固な信頼にはなってくれません。

この言葉が、あなたにとって少しでも役立つ言葉になれば嬉しく思います。

韓国語「無くす」

「なくす」には「無くす」という漢字もありますよね。

「無くす」に当たる韓国語は없애다(オプセダ)という単語で表します。

無くす=없애다(オプセダ)

없애다(オプセダ)を使う「無くす」は、

「犯罪を無くす」
「失敗を無くす」

このように使います。

では、この「無くす」にはどういった意味合いがあるんでしょうか?

없애다(オプセダ)の正体

「無くす」を表す없애다(オプセダ)ですが、없애다(オプセダ)の意味合いを理解することによって、その正体が見えてきます。

없애다(オプセダ)=意図的

없애다(オプセダ)を使う場合には条件があります。

それが「意図的」という部分です。

つまり、意図的に「無くす」ことです。

「犯罪を無くす」という文を例に考えててみましょう。

犯罪を無くす場合には、自分自身やグループで意図的に何かの策を考えて、

『その犯罪を無くしていく』

このような意図があります。

つまり、自分が犯罪を無くすために、意図的に努力する。

こういった意味合いがあります。

없애다(オプセダ)の例文

없애다(オプセダ)を使った例文をいくつかまとめてみます。

『犯罪を無くす】
ボムジェルル オプセダ
범죄를 없애다

「無くす」と言いたい場合には、없앤다(オプセンダ)という言い方もできます。

【失敗を無くす】
シルペルル オプセンダ
실패를 없앤다

失敗は韓国語では실패(シルペ)と言います。

それから、실패(シルペ)の他にも、실수(シルス)という言い方もできます。

仕事をしていたり、何か新しいことを始めた時には失敗はつきものだと思います。

エジソンのお話

エジソン=失敗王

私は「失敗」という言葉を聞くとエジソンがまず思い浮かびます。

人生には失敗という経験はない。

成功か学びか。

この言葉は非常に有名な言葉ですよね。

私自身もまさにその通りだと思っています。

エジソンさんは、ランプの発明をする際にどれぐらいの数を失敗したかご存知でしょうか?

なんと、

なんと、

5000回も失敗したそうです。

それでもエジソンは、このように言ったそうです。

「ランプを作るときに、
この組み合わせは、
上手くいかないということを、
発見しただけだ」

このように言ったそうです。

エジソンが言いたかったことは、

「経験には2種類しかない。
それは、
『成功の経験』と『学びの経験』
この2つだけだ!」

この部分が言いたかったのだと思います。

ある本を読んでいると、

「失敗は勝手に大人が作り上げた言葉だ!」

このようにも書いてありました。

私は、失敗を恐れてビクビクしてしまうタイプです。

ですが、この言葉を聞くと、いつも勇気が出来てきます。

挑戦しないと損だと思うのです。

だからこそ、私は、これからも韓国語以外の言語にもチャレンジしていこうと決めています。

【番外編】「なくす」

実は、「なくす」には今回ご紹介させていただいた以外にもかんんじで表すことができる言葉があります。

それが、「亡くす」という言葉です。

「亡くす」とは、つまり『死んでしまった』という意味で使われる言葉です。

日本語では、

「亡くなられた」という使われ方が丁寧な使われ方ですよね。

そこで、この言い方についても簡単にまとめてみます。

【亡くなられる】
ドラガシダ
돌아가시다

「亡くなられた」と言いたい場合には、돌아가시다(ドラガシダ)と使います。

【亡くなられました(丁寧)】
ドラガショッスンニダ
돌아가셨습니다
【亡くなられました】
ドラガショッソヨ
돌아가셨어요
【亡くなられた】
ドラガショッソ
돌아가셨어
【亡くなられたようです】
ドラガシン ゴッカッタヨ
돌아가신   것  같아요

今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は韓国語「無くす」「失くす」についてお話させていただいております。

失くす=잃다(イルタ)

「失くす」を表す잃다(イルタ)は、意図せずに「失くした」場合に使われる単語です。

例えば、

「財布を失くしました」

この場合は、失くしたくて失くした訳ではなく、自分の不注意やミスによってなくなってしまった。

このような意味合いがあります。

このように、意図せずに失くしてしまった場合を表す「失くす」は잃다(イルタ)を使います。

それに対して、

自分自身が「なくす」ように働きかけている意味で使われる単語が「無くす」に当たります。

この場合の「無くす」は없애다(オプセダ)が使われます。

「失敗を無くす」
「犯罪を無くす」

このように、意図的に自分自身が「無くす」ように努力するという意味合いが込められています。

そして、その他にも「亡くなられる」という意味で、돌아가시다(ドラガシダ)という単語もご紹介させていただいております。

失いたくないモノはたくさんあると思います。

自信もそうですし、信頼もその1つです。

大切なことは、失敗しない人生を歩むことではなく、失敗から何を学び、どのように今後に生かすのか。

この部分だと思っています。

私自身も、これからますます色々な経験を積み重ねて、パワーアッップしていきます。

本日のお話は以上です。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。

長文読んで下さりありがとうございます。
スポンサーリンク

-韓国語の動詞
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「気を配る」は韓国語で何?韓国語「配る」の使い方がこれでスッキリ!

韓国語で「配る」は돌리다(ドルリダ)と言います。 「新聞を配る」 「資料を配る」 「配る」を使う場合には、配布物などを配る際に使われる単語です。 実は、돌리다(ドルリダ)以外の単語を用いて表すこともで …

韓国語で「あう」は何?「答えが合う」「被害に遭う」の言い方はコレ

「あう」という日本語でパッと出てくる漢字に「会う」があります。 この「会う」は「人に出会う」という意味で使われる漢字です。 しかし、「あう」という言葉には「あう」対象が変わることで漢字も変わりますよね …

「思う」「考える」は韓国語で何?3つの単語を使い分けるだけで効果バツグン

「思う」「考える」に当たる韓国語は생각하다(センガクハダ)です。 この単語を使うことで、間違った表現にはなりません。 「私はこう思います」 「あなたはどう思いますか?」 「そうだと思ったよ」 このよう …

「期待する」は韓国語で何?韓流スターの決めセリフをこっそり暴露

ワクワクする時ってないですか? 彼女や彼氏とデートをする時。 行ったことがない国へ旅する時。 何か新しいことにチャレンジする時。 そんな時は、ワクワクしますよね。 私もあなたと同じです。 今回のテーマ …

韓国語で「食べる」は何?今すぐ使えて便利な言い回し10連発

「食べる」に当たる韓国語には먹다(モクタ)です。 「チキンを食べる」 「キムチを食べる」 「サンギョプサルを食べる」 「食べる」と言いたい場合には、먹다(モクタ)を使えば、ほぼ間違いなく様々な場面で使 …

カテゴリー