韓国語「だいたい(大体)」覚えておくのは3つだけ!

韓国語で「大体(だいたい)」は、대체로(デチェロ)を使います。

韓国語で「大体」を言おうと思っても、そのニュアンスは1つではないですよね。

「だいたい理解できた」

「だいたい20歳ぐらいかな」

「だいたい何がしたいの?」

実は、대체로(デチェロ)以外にも、他の単語を使って表される場合もあるのです。

今回は、

韓国人と結婚して早6年になる私が、

韓国語「大体(だいたい)」についてお話します。

1 「およそ」を表す「だいたい」

「だいたい」を表す意味の1つに、「およそ」という意味があります。

「だいたい理解できた」
「だいたい完成している」
「だいたい本を読み終えた」

これらの文にあるように、大体(だいたい)という単語の意味には「おおよそ」を表す意味があります。

韓国語で、「おおよそ」にあたる単語に、대체로(デチェロ)があります。

대체로(デチェロ)

おおよそ(大体)

「대체(デチェ)」という単語を漢字に直すと「大体」という漢字になります。

ですので、意味的には、「おおよそ」「大部分」という意味で主に使われます。

例文

・事情は大体分かった。

サジョヌン デチェロ アラッソヨ

사정은 대체로 알았어요

・話を聞いて大体分かりました。

イヤギルル テュッコ デチェロ アラッソヨ

・資料はだいたい読んだ。

ジャリョヌン デチェロ イルゴッソヨ

자료는 대체로 읽었어요

 

このように、話の大部分が分かった場合や、だいたいこんな感じだと納得した場合など、あらゆる場面での「およそ」や「大部分」に当てはまります。

ただし、この「おおよそ」を意味する대체로(デチェロ)も、意味的に少しおかしいと感じる使い方もあります。

それが、「だいたい+数字」の使い方の時です。

この場合には、대체로(デチェロ)以外の別の単語がふさわしいのです。

そこで、次は、「だいたい+数字」の場合に使える「だいたい」について、お話させていただきます。

2 「だいたい」と数字の組み合わせ

「大体(だいたい)」という意味には、数字を用いた表し方もあります。

「大体100年前に建てられた家」
「大体10人ぐらいの集まり」
「大体1キロぐらい」

このように、「大体」という単語は、数字との組み合わせで使われる場合も多いですよね。

こういった数字と「大体」との組み合わせの場合には、약(ヤク)という単語が用いられます。

약(ヤク)

だいたい(数字)

 

약(ヤク)という単語は、「約」という漢字を表しています。

この「約」も「およそ」「だいたい」を表す意味があるのと同じように、韓国語でも약(ヤク)という単語を使って表されます。

例文

・この家は大体100年前に建てられた。

イ チブン ヤク べクニョン ジョネ セウォジョッソヨ

이 집은 약 100년 전에 세워졌어요

・この店は、大体50名入れる。

イ カゲヌン ヤク オシプミョン デュロガル ス イッタ

이 가게는 약 50명  들어갈 수 있다

・結婚式には、大体80人ぐらい来た。

キョルホンシキエヌン ヤク パルシプミョンジョンド ワッタ

결혼식에는 약 80명 정도 왔다

 

このように、「大体+数字」による表現の場合には、약(ヤク)を使って表します。

もちろん、약(ヤク)を使う時には、人数に限らず、お金や量を計る時など、ありとあらゆる数字にも使えます。

・学費は大体100万円。
・重さは大体500グラム。
・大体18歳ぐらい。

このように、重さやお金に関する数字、年齢などにも使うことが出来ます。

また、「大体」と一緒に覚えておくと便利なコトバがあります。

それが、「大体+ぐらい」この組み合わせです。

「大体+ぐらい」の使い方

先ほどの例文にもありましたが、「大体」と一緒に使われやすいコトバに「〜ぐらい」があります。

「〜ぐらい」は韓国語では、정도(ジョンド)という単語で表します。

정도(ジョンド)

〜ぐらい

정도(ジョンド)という単語は「程度」という漢字に置き換えることができます。

この程度には、「〜ぐらい」という意味があります。これと同じように、韓国語でも「〜ぐらい」という意味がります。

例文

・大体100万円ぐらい。

약 100만엔 정도

・大体200グラムぐらい。

약 200그램 정도

・7時ぐらい。

7시 정도

 

このように、重さや金額に加えて、時間などにも使うことができる便利な単語です。覚えておかれると、かなり使えます。

ここまでのおさらい

韓国語の「大体(だいたい)」には、2つの単語があります。

それが、대체로(デチェロ)と약(ヤク)です。

대체로(デチェロ)には、「おおよそ」「大部分」という意味があります。

・だいたい理解できた。
・本をだいたい読み終えた。

このように、物事の大部分を理解した時や、本などをだいたい読み終えた時などに使います。

それに対して、약(ヤク)は、「数字との組み合わせ」によって使います。

・約100年前に建てられた家。
・約40名から宴会オッケイ。

このように、약(ヤク)は「約」という意味と同じです。それから、「大体」とよく使う組み合わせに「〜ぐらい」があります。

「〜ぐらい」は韓国語では、정도(ジョンド)を使って表します。この単語も非常に使える単語ですので、使えると会話の表現が高まります。

これまでに、「大体(だいたい)」を表す単語を2つご紹介させていただきましたが、実は、もう1つ、かなり使える単語があります。

「だいたい何がしたいか分からない」
「だいたい何が問題なの?」

「だいたい」には、「そもそも」という意味合いを表す場合もあるのです。次は、この「そもそも」を表す「だいたい」についてお話させていただきます。

3 そもそもを表す「だいたい」

先ほど、少し触れましたが、「だいたい」には「そもそも」を表す意味があります。

「だいたい何が問題なの?」
「だいたい何がしたいか分からない」

これらの文章に使われている「だいたい」は、「そもそも」に入れ替えることができます。

このように、「そもそも」に入れ替えられる「だいたい」は、대체(デチェ)を使います。

대체(デチェ)

だいたい(一体)

대체(デチェ)という単語には、「一体」「そもそも」という意味があります。

例文

・だいたい何がしたいの?

대체 뭘 하고 싶어 ?

・だいたい何が問題なの?

대체 뭐가 문제예요

こういった表現で使えます。

また、대체(デチェ)は、도대체(ドデチェ)という単語でも表すことが可能です。意味的には同じく「一体」「そもそも」という意味があります。

ですが、도대체(ドデチェ)の方が、少しきつい言い方に聞こえる場合があります。

言い方や、言う場面によって様々ですが、도대체(ドデチェ)よりも、대체(デチェ)を使った方が、誤解が少ないです。

受け取り方は相手によって様々ですので、できれば、受け取りの誤解を招くような単語は、控えた方が無難ですよね。

今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、韓国語「大体(だいたい)」について、お話させていただきました。

韓国語で「大体」を表す単語は主に3つあります。

・대체로(デチェロ);大体
・약(ヤク);約
・(도)대체(ドデチェ);一体

この3つです。

単語によって使い方や意味は違いますが、漢字に訳してみると、使い方がイメージしやすいですよね。

今回のお話が少しでも役立つ情報になれば幸いです。