韓国語の勉強方法は独学が一番!独学成功者5%の人しか知らない”あるヒミツ”とは

韓国語の勉強を独学で自分のやり方で勉強しようかな・・・

と思われている方もおられると思います。

独学でやっていくと、必ず壁にぶち当たる”あるポイント”が存在します。

あなた、どこかの占い師ですか?

どうせ、そんなの嘘っぱちでしょ!いかさま野郎でしょ!

と思われた方も多いかもしれません。

私は、占い師でもなければ特殊な予知能力をもっている人間ではありません。ごく普通の人間なんです。

では、どうして普通のどこにでもいるおっさんが、韓国語を学習する中での壁を的中できるのかというと、実は、私も韓国語を独学で勉強するにあたって色々な壁にぶつかってきたからです。

つまり、私がどうして韓国語の学習の壁が分かっているかと言いますと、あなたよりも早く韓国語の壁にぶち当たり、

どの辺にどのぐらいの壁が出現するかのポイントをすでに知っているからです。

いうなれば、あなたが初めて海外旅行に行くとしたら、私はあなたよりも海外旅行に何度も行き、同じ国を何度も経験しているので、あなたをナビゲート出来るだけの話です。

つまり、どこにどんな店があって、何時から何時まで店が開いていて、その店でのおススメの品が他の人よりも理解できているわけです。

これは、韓国語学習でも同じことが言えて、

初級者の学習の壁はどこにあって、

どうすればその壁を克服できて次のステップに進みやすいか

が経験上、分かっているわけです。

私の場合は、大学の語学堂で勉強した経験がありますし、語学堂を学んだあとは独学でさらに韓国語のレベルをアップしてきている経験があります。

私は韓国語を勉強して早6年ぐらいになりますが、私が壁にぶつかり悩んだ悔しい経験6年分をあなたはスキップできるわけです。

つまり、アラジンの魔法のランプを手に入れることが可能なんです。

今回は韓国語の勉強で独学で学習する方法であなたがチェックしておくべきポイントについて簡単にお話させていただきます。

独学で韓国語を勉強する方法ってあるのか?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

独学で韓国語を勉強する方法ってあるのか?

答えは簡単で、

いくらでもあります。

これは、情報なんてネットや書店にいっていくらでも探すことができるので、自分に合う方法を調べてそれを実践することで、多分あなたが勉強したい韓国語の学習方法を見つけることが可能だと私は考えています。

ということは、逆に言えば、勉強の方法については探すことがいくらでもできるわけなので、語学学校とかにいかなくても独学で韓国語を勉強することはできると思います。

しかし、独学で韓国語を勉強する上で絶対に欠かせない要素というものが存在することをあなたはご存知でしょうか?

私は語学に限らず、自分がやりたいことができた時に必ず頭の片隅から離さない要素というものがあります。

果たして、あなたはそのような勉強する上で大切にしている要素をお持ちですか?

これから私がお話させていただく要素はたぶん、あなたもすでに知っていることかもしれません。

ですが、

知っていること=出来ること

ではありませんよね。

ということで、あなたに大切にしてほしい内容を伝授します。

韓国語勉強で大切にしてほしいポイント3つ

先ほどもお話させていただきましたが、韓国語を独学で勉強する方法と検索を書ければネット上などでいくらでも調べられる時代です。

ということで、

方法論はおのずとネットなどを検索すれば見つけることができます。

ということは、勉強の方法論はいくらでもあなた自身で見つけることができてしまいます。

では、韓国語勉強で一番欠かせない要素は何なのかとい部分についてあなたにお話させていただきます。

ポイント1;明確な目的

まず、私自身、方法論や勉強の仕方とかは自分でやり方を見つければ簡単に手に入れることができると考えています。

ですが、

『やり方』ではなく、語学を勉強する上での『考え方』

はネット上ではあまり載っていません。

私の原点はある1冊の本です。

その本とは稲盛和夫さんの『生き方』という本です。

この本が私の語学の考え方の根本的な土台を作っています。

今でも、語学での学習の進め方などに迷った時は、心の支えにしている私にとっては大切な本です。

どうして、語学の本ではなく、おじいちゃんの書いた本を愛読しているのか?

と言いますと、

語学に限りませんが物事の本質は

”考え方が10割”

だと考えているからです。

ご存知の方もおられると思いますが、私が特に大切だと考えている稲盛さんの考え方の1つに

人生の結果=才能×情熱×考え方

という方程式が書かれています。

この方程式がまさに語学でも応用可能だとかんがえているからです。

この中で一番大切な部分が『考え方』の部分です

私はこの『考え方』という部分を語学の勉強の方法という部分で置き換えた時に、

語学を取り組む前に、

明確なゴールを決めること

だと私なりに認識しています。

韓国語は覚えるべき内容や分野、あなたが何を学びたいかによって、覚えるべき単語、勉強すべき単語が変わってきます。

これは、韓国語だけではなく、

  • あなたがどんなビジネスを行うのか。
  • どんな人生を歩みたいのか。
  • あなたの人生においてどのようなゴールを設定しているのか。

このようなあなたの目標や持つべきゴールによって、あなたがすべき内容が変わってきてしまいます。

韓国語の勉強ということについて少し考えてみましょう。

  • あなたがは韓国語をどうして勉強しなければいけないのか。
  • どんな分野を勉強したいのか。
  • 韓国語を学ぶ必要があるのか。

このような自問自答を日々していくことで、あなたが勉強すべき動機付けを強くしていくことが大切です。

どうして、自問自答していくことが大切かと言いますと、

自分の求めていることを考えて方向性を見定めていないと、横道にそれるから

です。

私自身も、過去、韓国語を勉強していく中で、横道にそれてしまったことが山の数ほどあります。

つまり、自分自身で自分のベクトルを定めていくということは非常にプロ級の考え方が無い限り難しいということなんです。

だからこそ、独学で一番陥りやすい状況の1つに、

自分自身の進みたい方向性が横道にそれてしまうこと

です。

だからこそ、あなたがまずやっておかなければいけないことは、

韓国語の先生をもつことです。

つまり、あなたの方向性を相談できたり、壁にぶつかった時にアドバイスしてくれる的確な韓国語の友達、もしくは先生をもっておくべきです。

この存在があなたの周りにいない場合は、先生を作っておくべきです。

少なくとも、私は超凡人だったので、自分のやっていることの方向性を見失ってしまった経験が多く、

そもそも、自分ってどこに向かっていたんだったけ?ということが多いです。

例えば、

トピック試験を勉強して5級6級のための参考書を買ったはずなのに、トピックのこととは別にリスニングの教材を買って韓国ドラマの音声をシャドーイングする練習方法にハマってしまったりして、時間をムダにしてしまった経験がたくさんあります。

このように、

何のために今勉強しているのか。

毎日、一日一日明確にして自分の思考回路を強く強固なものにしていくことが大切だと改めて気づいてます。

ポイント2;数値ができるものを持つ

明確な目標をもつことができたら、数値化できる目標を持つことで、あなたの韓国語学習のスピードが劇的にアップしていきます。

これは、なぜなら、あなたの韓国語学習に軸ができてくるからです。

例えば、『韓国語試験〇級に合格』という数値化の仕方でもいいですし、トピック試験〇級の合格という数値化の仕方でもオッケイです。

要は、数値化ですので具体的な数字を出すということも大切ですが、あなたの現状から逆算して目標の数値を出すということが大切になってきます。

例えば、韓国語の初心者の方がいきなり半年でトピック6級合格という目標を掲げるのは少し無理があります。

長期的な目標はトピック試験6級合格でもオッケイなのですが、半年後に韓国語初心者の方がいきなり6級合格となると現実的に難しいという部分があるためです。

ですので、

『2年以内にトピック6級合格』

とすれば問題ありません。

そのために半年後のトピック試験で2級に合格するぞ。といった感じで目標を数値化しそこから、できる勉強方法をみつけて勉強する。

このやり方が、おすすめです。

ポイント3;先生をみつける

韓国語に限りませんが、あなたが得たい目標や得たい結果を出したいと考えている場合は、すでにあなたの目標を達成している先生や友達を持つことを強くおすすめします。

これは、なぜなら、すでにあなたが得たい結果を持っているということは、

その人のやり方の中にあなたの韓国語の学習方法のヒントが隠されている可能性が高いからです。

最近では、Twitterやフェイスブックをはじめ、ブログなどで調べていくと韓国語の勉強コミュニティなどを作ってお互いに情報をシェアしているメディアや媒体も多くなってきています。

もちろん、その人が信用できる人なのかは実際に会ってあなたの直感などで判断する必要はあります。

ですが、そのような韓国語の勉強コミュニティのようなものに参加するだけでもあなたの韓国語の学習にとってプラスになる要素も多いです。

それから、もちろん、

あなたが入るコミュニティ=あなたの明確な目的

この条件が絶対条件となってきます。

あなたは韓国語の大学についての情報が欲しい時に、韓国での日本人学生アルバイト情報を知れるコミュニティに参加したりすると、これも自分の意図した目的とはズレてきますよね。

私が韓国でバイトしている時に日本人学生の相談に乗ったことがあるのですが、自分が得たいと思ったコミュニティとは全然外れた的外れなコミュニティに入っている日本人学生の女の子がいて、目的がズレていると思うよとアドバイスしたことがあります。

その女の子も、私に言われるまで、

全然気が付かなかった・・・

と言ってコミュニティ選びの大切さを改めて認識していました。

このように、コミュニティ選びや先生選びも慎重に行わないと、一番初めに言わせていただいた『自分の明確な目的』からどんどん横道にそれて田んぼに突っ込んでしまってから気づくということはよくある話です。

ですので『考え方』が大切になってくるわけです。

今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は韓国語の勉強を独学でする方法について、簡単にまとめてみました。

韓国語の勉強で一番大切な部分は、

勉強の仕方でも、モチベーションについて勉強することでもありません。

それは、

勉強する上での明確な目的を持つこと

です。

明確な目的をもつことは、私人間の体で言えば心臓と同じ働きだと言えます。

骨や体はあったとしても心臓が無ければ動きませんよね。

方法論はネットで探せばいくらでもありますので、あなたにマッチした勉強方法を見つけることができると思います。

私のおススメは、

  • 1秒間に単語を1つずつ言って単語を覚える
  • 1つの単語を最低15個の言い回しに変えて使いまくる。

例えば、

가다(カダ)は「行く」という意味です。

ですので、「行く」を使った言い回しを作りまくります。私の場合は、40個ぐらいの言い回しを作るためのテンプレートがあるので、それを基にして1つの単語から言い回しを使って言い方を何回もシャドーイングして体得していきます。

例えば、以下のような言い回しを40個ほど作ってそれぞれの言い回しを覚えていきます。

こんな感じで言い回しを作っていきます。

私の場合は1つの単語でだいたい40個ぐらいの言い回しを作り、この表を見ながら唱えて指書きしながら学習しています。韓国語学習が劇的にアップしますのでおすすめです。

その他にも、

  • 日韓辞書の例文を視写してつぶやく。
  • 韓国人の友達を見つけて話しまくる。

私の場合は、主に、この勉強方法を継続していくだけです。

やはり、稲盛さんの話でもありますが、考え方を作っていく上で習慣の力は欠かせないと考えています。

あなたの習慣=あなたの考え方

やはり、習慣を作る上で考え方が欠かせないですし、何をあなたの人生において大切にしていくかの優先順位によって、あなたの習慣は変わってくると考えています。

だからこそ、考え方が10割だと思います。

今回のお話が少しでもあなたの韓国語学習のお役に立てば幸いです。

長文読んで下さり本当にありがとうございます。