「なるほど」は韓国語で何?과연を使うと笑われる!?

「なるほど」にあたる韓国語には、그렇군요(クロッグンニョ)があります。

相手と話しする時に、

「なるほど」と言いたいのに、どう言ったらいいのか分からない!

こんな方も多いのではないでしょうか?

「なるほど、よく分かりました。」

「なるほど、そういうことね。」

この「なるほど」が使えるようになると、会話がもっと楽しくなりますよね。実は、그렇군요(クロッグンニョ)以外にも、他の単語を使って言い表すことができます。今回は、韓国語「なるほど」について、丁寧に解説させていただきます。

韓国語で「なるほど」ってどう言うの?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

相手の説明や話に納得する単語が「なるほど」です。もっと簡単にいえば、『あいづち』や『うなずき』というコトバに言い換えられます。

こういった『あいづち』を表す「なるほど」は、2つあると考えています。そこで、その2つの「なるほど単語」をご紹介させていただきます。

구렇군요(クロッグンニョ)

なるほど(1)
クロッグンニョ
구렿군요


그렇군요(クロッグンニョ)には、「そうなんですね」
という意味があります。ですので、日本語的に訳すと「なるほど」というコトバに当たります。

【例文】

■ なるほどね、よく分かりました。

クロッグンニョ チャル アㇽゲンネヨ
구렇군요,    잘     알겠네요

 

구렇구나(クロッグナ)

なるほど(2)
クロッグナ
구렇구나

韓国語で「なるほど」には、もう1つの単語があります。

その単語が、그렇구나(クロッグナ)です。

この単語の本来の意味は、『そうなのか』になります。

「そうなのか」というコトバは、相手の説明や納得した時に使えますので日本語で考えると「なるほど」というコトバで置き換えることが可能です。

【例文】

■ なるほど、そういうわけだったんだ。

クロッグナ クロン イユガ イッソッグナ
구렇구나, 그런  이유가 있었구나

「なるほど」というコトバを会話中にもってくるだけで、お互いの話がより深まっていきます。こういった相手との共感を生むことができる単語は会話をする上でも非常に大切です。そんな、共感を生む単語「なるほど」なのですが、

実は別の使い方も出来ます。

次のお話で、もう一つの「なるほど」の使い方について、お話させていただきます。

「なるほど」の使い方は多種多様

『なるほど』というコトバは、相手の説明などに対する同意や納得を表すコトバです。今から、ご紹介する「なるほど」の使い方も「同意」を表します。では、何が違うのかというと、なるほどの後にも、文が続く形を作ることが出来ます。

例えば、

  • なるほどよく見ると偽物ですね。
  • なるほど君の言う通りだね。

 

こういった感じで『なるほど』の後にも文が続く形になります。

「なるほど」を使いこなす単語1

なるほど単語1
チョンマㇽ
정말

『なるほど』の後に文が続く形の場合は、『정말(チョンマㇽ)』を使います。『정말(チョンマㇽ)』には、本来「ほんとうに」という意味があります。

ですので、「ほんとうに」というコトバに代えても意味が通じます。

  • 本当に(なるほど)よく見ると偽物だ。
  • 本当に(なるほど)君の言う通りだね。

 

こんな感じで『なるほど』を『本当に』というコトバに代えることが出来ます。

【例文】

■ なるほど(本当に)先生の言う通りになりましたね。

チョンマル ソンセンニㇺ マルスㇺデロ デオッグンヨ
정말  선생님  말씀대로 되었군요

■ なるほど(本当に)よく見ると偽物ですね。

チョンマル ジャセヒ ボニ   カッジャネヨ
정말        자세히   보니 가짜네요

 

■ なるほど(本当に)パパの言う通りおいしいです。

チョンマㇽ アッパ マㇽデロ マシンネヨ
정말    아빠    말대로   맛있네요

これらの例文にある通り、「なるほど」を「本当に」に代えることが出来る単語は정말(チョンマル)が使われることが一般的です。ここまで、韓国語の「なるほど」について、単語を3つご紹介させていただきました。

えっと・・・何だったっけ?

なかなか一度で、全ての単語をマスターとかは難しいですよね。そこで、これまでのお話をまとめてみます。ご参考になさってください。

「なるほど」のまとめ

これまでのお話をまとめてみます。韓国語で「なるほど」にあたる言葉は3つあります。

  • 그렇군요(クロッグンニョ)
  • 그렇구나(クロッグナ)
  • 정말(チョンマル)

まず、

  1. 그렇군요(クロッグンニョ)
  2. 그렇구나(クロッグナ)

 

この2つの単語は、相手の説明や話に対して納得したことを表す「なるほど」に対して使われます。

그렇군요(クロッグンニョ)には「そうなんですね」という意味があります。また、그렇구나(クロッグナ)には「そうなんですね」という意味があります。

どちらも、相手の話に対して「あいづちを打つ」コトバですので、日本語のニュアンスで考えれば「なるほど」になります。

それから、「なるほど」には、「本当に」という意味で使われる「なるほど」もあります。このタイプの「なるほど」も、先ほどの同意を表すタイプの「なるほど」と同じ意味で使われます。

ですが、使い方の問題で、「なるほど」の後にも文が続く場合には、정말(チョンマㇽ)を使って表現します。例えば、こんな文章です。

「なるほど(本当に)」

「先生の言う通りになりましたね」

こういった会話では、정말(チョンマㇽ)を使って「なるほど」と表現します。ここまでで、3つの「なるほど単語」をご紹介させていただいたのですが、

実はあと1つ、かなり使える便利なコトバが残されています。

ここまで読んでいただいた方に、特別に「なるほど単語」をご紹介します。

最後にもう1つ「なるほど」

相手の説明や話に対しての同意を表す「なるほど」ですが、別の使い方もできます。例えば、

  • なるほど、それは確かにいい意見だけれども・・・
  • なるほど、その意見は良い意見ですが・・・

 

これらの例文で示した「なるほど」は、いったん相手の意見を受け止めたうえで「でも、しかし」と話したい場合に使われる形です。

■ なるほど(~だがしかし)

ビロㇰ
비록

こういった話し方がしたい場合には、韓国語では비록(ビロㇰ)を用います。비록(ビロㇰ)には、「~だがしかし」という意味があり「なるほど」と訳すことが出来ます。

■ なるほどこれは便利ですが、注意も必要です。

ビロㇰ イゲ  ピョンリハジマン チュイド ピリョヘヨ
비록 이게 편리하지만    주의도 필요해요

これは便利だがしかし、注意も必要です。

このような感じで、言いたい話に「なるほど」を用いる代わりに「~だがしかし」とうコトバが入れれそうであれば、비록(ビロㇰ)を使って「なるほど」という意味で使うことが可能です。

お話のまとめ

実は、今回のタイトルにもあるのですが、「なるほど」を韓日辞典で調べると과연(グァヨン)と出てきます。この과연(グァヨン)は、もともと「果たして」という意味があります。

そんな과연(グァヨン)には、確かに「なるほど」という意味があります。ですが、この言葉はおっちゃんが使うコトバなのです。

ですので、この과연(グァヨン)は一般的には、会話では使われないコトバなのです。辞書では「なるほど」と出てきますが、「なるほど」という意味では使わない方が無難です。

いかがだったでしょうか?

今回は韓国語「なるほど」について、お話させていただきました。

韓国語で「なるほど」にあたる言葉は以下の4つです。

  1. 구렇군요(クロッグニョ)
  2. 구렇구나(クロッグナ)
  3. 정말(チョンマル)
  4. 비록(ビロㇰ)

 

「なるほど」というコトバは、相手と相手をつなぐとても大切なコトバです。コミュニケーションの基本は、相手の話を聞くことです。しっかりと聞いてあげて、話に共感してあげられる心が大切ですよね。

今回のお話が少しでも役立つ情報になれば幸いです。

【人間関係で大切にしたいコトバ】

次の6つの心得を守れば、礼儀正しさの習慣を身につけることができる。

  1. 相手の話には熱心に耳を傾ける。
  2. 相手の話に口をはさまない。
  3. 初対面の人の名前はすぐ覚えできるだけ使う。
  4. もし相手の言い分が間違っていてもそっけなくやりこめるのはよくない。
  5. 自分のほうが偉いといった態度を見せない。
  6. 自分の考えが間違っていれば、素直にあやまる。

 

デール・カーネギー(アメリカの実業家)

 

オススメの書籍はこちら!

長文読んでくださり、本当にありがとうございます。