韓国語「ウリ」「サギジャ」の意味や使い方が5分で分かるお話

リ、サギジャ!

日本ではウリという食べ物がありますが、韓国では違った意味を表します。

また、

サギ=詐欺師

というあまりいい意味で使われない「サギ」ですが、韓国語では「付き合う」というとても親しみのあるコトバだったりします。

このように、国が変われば、同じような発音でも言葉の意味は変わってくる。

何か不思議な感じで、面白い部分でもあります。

今回は韓国語ウリ、サギジャの意味や使い方についてお話させていただきます。

1.韓国語ウリの意味とサギジャ

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

韓国人はウリという言葉をよく使います。

韓国語で表すと우리と表します。

ウリ=私とあなた

という意味合いがあります。

ウリは日本語に直訳すると「私たちの」という意味がありますが韓国人のイメージとしては、

親しい人

に対して使われる言葉だと私自身は認識しています。

次に、サギジャについてです。

韓国語でサギジャを表すと上のように사귀자となります。

サギジャはもともと

사귀다(サギダ)からきています。

少し細かい発音のことをいうと「サグゥイダ」となりますが、私自身、発音する時には

「サギダ」と言って韓国人に通じなかった経験

はありませんので、サギダで良いと考えています。

では、ここからは、ウリとサギジャについて、もう少し詳しくお話させていただきます。

2.韓国語「ウリ」の意味や使い方

先ほどもお話させていただきましたが、韓国語でウリは우리と表します。

ウリを直訳すると「私たちの」という意味がありますが、

韓国人は親しい人に対して

ウリとよく使っています。

それから、親しい友達に使いたい場合は、友達名前とウリを合わせて呼ぶことが多いです。

例えば、あなたの友達にエリさんという友達がいたとしましょう。

ウリ エリ

と表すことができます。ちなみに韓国語で書くと、우리 애리と表します。

もう1つ、男性目線でも1つ例文を作ってみます。

男友達に、ジュンという男の子がいたとしましょう。

このケースでは、

ウリ ジュン

と表すことができます。

このように、親しい人に対してウリと使います。

2-1.ウリの別の使い方

韓国人がよく使うウリですが、実は、別の使い方があります。

それが、

ウリ+言葉

という使い方です。

例えば、

1.우리 말(ウリ マㇽ)
2.우리  나라 (ウリ ナラ)
3.우리  한국 (ウリ ハングㇰ)
4.우리 집 (ウリ チブ)

このような言葉が「ウリ+言葉」の使われ方です。

簡単に言いますと、ウリと合わせて使えるコトバがあらかじめ決まっているというタイプです。

ですので、「ウリ+決まった言葉」を覚えておくと便利な場合が多いです。

ちなみに、今回ご紹介したそれぞれの単語の意味もまとめておきます。


1.우리 말(ウリ マㇽ)=私たちの言葉

2.우리  나라 (ウリ ナラ)=私たちの国

3.우리  한국 (ウリ ハングㇰ)=私たちの韓国

4.우리 집 (ウリ チブ)=私たちの家

このようになります。

このウリと決まった組み合わせは他にもあるかもしれませんが、韓国人がよく使うウリと言葉の組み合わせはこの4つを覚えておくだけでオッケイだと思います。

【私自身の失敗談】우리 친구(ウリ チング)は韓国人はあまり使いません。「親しい友達」という意味で「ウリ チング」と会話で使った経験があるのですが、韓国人から”あまり使わないよ”と言われました。なので、ウリチングは会話で出さない方が良いと思います。

それから、単語を覚えることも大切な要素ではありますが、そもそも、勉強の仕方を勉強することでビジネス、語学、資格取得など幅広い分野を制覇することができます。

韓国語の学習を効率的に無駄なく、時間をかけずに勉強することが実はできます。

私の書いた記事も秘匿性の高い情報ですので、ぜひ、一度ご覧になってみてください。

韓国語を勉強する上で必須の勉強方法;

韓国語の勉強を加速させる最強情報についての記事

2-2.韓国語ウリは子どもに

最後に、ウリの使い方として、

自分の子どもに使う

ことが多いです。

子どもといっても、0歳から10代ぐらいの自分の子どもだと思います。

自分のおばあちゃんやおじいちゃんが孫に対して、

「ウリ+名前」で呼ぶ場面も何度か見ましたし、

親が子どもに対して、

「ウリ+名前」で呼ぶことも多いです。

このように、家族が子どもに対して呼ぶ際にも、ウリはよく使われています。

3.韓国語サギジャの意味

次に、サギジャの意味についてお話させていただきます。

サギジャには

「付き合いましょう」

という意味があります。

韓国語で表すと사귀자となります。

また、この사귀자は「友達を作る」という意味でも使われています。

ですので、使いたい場面としては、

友達になりたい相手に対して使うことができる単語です。

それから、誰か好きな人に対して告白する時にも使われる単語です。

ちなみに、日本語にある詐欺(サギ)はいい意味ではありませんが、韓国語で表すと

詐欺=사기(サギ)

と発音します。

つまり、発音が同じなのです。

ちなみに、

韓国でもオレオレ詐欺や振り込め詐欺はあるそうです。

보이스피싱

韓国語でオレオレ詐欺や振り込め詐欺を表すと、

보이스피싱(ボイス ピシン)となります。

この피싱は英語のフィッシングのことです。

つまり、

相手からお金を奪う

という意味です。

ちなみに、韓国では結婚詐欺もあるそうです。

結婚詐欺を韓国語で表すと、결혼 사기(キョルホン サギ)と表します。

4.韓国語でウリサギジャ

韓国語でウリサギジャ

ってどういう意味?

この質問、友達からもよく聞かれます。

簡単に言いますと、

「私たち、付き合おうよ」

という意味を表しています。

友達になりたい場面や異性が付き合いたいケースなどでよく使われるフレーズです。

ちなみに、このウリサギジャを韓国語で表すと、

우리 사귀자

このように表すことができます。

4-1.サギジャの裏情報

サギジャは「付き合いましょう」という意味合いで使われる単語です。

ですが、友達などと付き合う場合は、少し堅苦しいニュアンスになってきます。

そこで、韓国人がよく使っている単語が、

만들다(マンデュルダ)です。

この만들다(マンデュルダ)には「作る」という意味があります。

つまり、「友達を作る」という意味になりますが、私個人的にはこの만들다をつかって、


チングルㇽ マンデュルダ
친구를 만들다

を使うと、もう少し柔らかい感じに聞こえると思います。

5.今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は韓国語ウリとサギジャの意味や使い方についてお話させていただきました。

韓国語でウリは「私たち」

を意味する単語です。

ですが、韓国人のイメージとしては「親しい」「親しみ」というニュアンスがもっと強いと感じています。

ですので、自分の親しい友達に対して、

「ウリ ヨナ」

「ウリ ジュン」

「ウリ リナ」

このような感じで友達に対してウリを付けて呼ぶことが多いです。

それから、ウリの使い方には、

「ウリ+決まった言葉」

という組み合わせもあります。

例えば、

「ウリナラ(私たちの国)」

「ウリ マㇽ(私たちの言葉)」

このように、あらかじめウリと決められたセットになる組み合わせで使われる場合もあります。

次に、サギジャです。

サギジャは韓国語で表すと、사귀자と表します。

サギジャの意味は「付き合いましょう」という意味です。

ですので、友達になりたい場面や異性と付き合いたい時にはこのサギジャがよく使われます。

語学を効率よく進める方法は、

韓国人の友達を作る。

もしくは、韓国人と付き合うこと。

だと私は考えています。

もちろん、付き合うとなるとハードルが上がるので難しい面もあるかと思います。

ですが、韓国人と友達になり普段使っている韓国人の会話を教えてもらうことが大切です。

なぜなら、教科書に出てくる使い方をしないケースも多いためです。

生の情報は教科書では学べない。

私自身の経験談から導き出された1つの確信です。

今回の記事が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。