【韓国語】ジャージの意味は何?なぜ、ジャージと言ったら変態なの!?

私はジャージと言ったら「ごくせん」でヤンクミを演じられた仲間由紀恵をすぐにイメージしてしまいます。

実は、このジャージですが韓国語でジャージを買いたいと思い、

「ジャージみせてください」と言いたくて店員さんに言うと、

店員さんに苦笑いされてしまう可能性がかなり高まります。

苦笑いされてしまった店員さんの頭の中には、

「この人、何言ってるの?」

「まさか変態なの?」

といった印象を持たれかねません。

つまり、日本語のジャージの感覚で韓国語も同じように扱ってしまうとあなたが「変態」に思われてしまう可能性があるのです。

そこで、今回は韓国語でジャージの意味についてお話させていただきます。

韓国語でジャージっの意味とは?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

日本語の場合は、

ジャージ=スポーツウェア

という認識だと思います。

ですが、国が変われば、この認識は常識ではありません。

実は、お隣の韓国では、

ジャージ=男性のアソコ

という意味なのです。

だからこそ、先ほども言いましたが、

ジャージ見せてくださいと店員さんに言ってしまうと、

「えっアソコ見せて!?」

何なのこの人は、と思われてしまうわけです。

韓国では下ネタを使うと逮捕されてしまう可能性もあるため、あなたがもしも、このジャージの意味を知らずに使ってしまうと、逮捕されてしまう可能性だってあるわけです。

もちろん、あなたは悪気があって言っているわけではなくてもです。

ですので、あなたがまず大切にしなければいけないこと。

それは、その国の禁止用語をきちんと知っておく

ということです。

これ、かなり大切だと思いませんか?

私、もう少しで「ジャージください」と言ってしまう所だったのです。

それを救ってくれたのが、私が日本語を教えていた韓国人の大学生のAクンです。

先生、ジャージは韓国語でアソコですよ!

言ったら、マズイです…

このように教えてくれたのです。

この一言が無ければ今頃、堂々とショップや市場の古着屋さんで使いまくっていた可能性だってあるわけです。

ですので、韓国語でジャージくださいと言いたい時は、ジャージといってはダメなんです。

ちなみに、今回はジャージが韓国語で「男性のアソコ」という意味だから使ったらアウトですよ。という話ですが中には、他の下ネタに少し興味が出てきている人もいるかもしれません。

紳士でジェントルな国、韓国の男たちでも下ネタは世界共通語だったりします。

そこで、私が調べた韓国語の下ネタ情報の厳選記事を書いていますので、興味のある方はご覧になってみてください。

ただし、韓国人の女性に使えば即アウトですので下ネタの扱いにはご注意ください。

【下ネタ情報はこちらから⇩⇩⇩】

韓国語でちょっとエッチな下ネタが見つかるネタ帳!さあ、覗いてごらん。

韓国語でジャージは何?

では、韓国語でジャージって何なの?

次は、この部分についてお話させていただきます。

韓国語でジャージって何と言ったらいいの?と思われた方も多いかと思います。

それもそのはずで、ジャージを買いたいのに店員に尋ねる時にジャージを使うと誤解されてしまうわけですので、韓国語で「ジャージ」を意味する単語が知りたくなりますよね。

そこで、韓国語で「ジャージ」を意味する単語をあなたにご紹介します。

韓国語で「ジャージ」を意味する単語は츄리링(チュリリン)と表します。

このチュリリンは英語の「トレーニング」から韓国語イングリッシュに変わったらしいです。

ですが、私は正直チュリリンと使ったことが一回もありません。

それから、韓国人がチュリリンを使っている所を聞いたこともあまりないです。

ですので、韓国人はああり「ジャージ」という単語自体を使わないのだと私は考えています。

ちなみに、ジャージとよく似た単語もあるので、簡単にまとめてみます。

ジャージとよく似た単語たち

まず、運動する時の服という意味で운동복(ウンドンボッ」という単語があります。

この운동복(ウンドンボッ)の意味には「スポーツウェア」という意味も込められているので、スポーツに関連した服といった意味合いもあります。

ちなみに、スポーツウェアをそのまま韓国語で発音することもできます。

スポーツウェアは韓国語でそのまま「スポツウェア」となります。

私は、スポーツウェアと使ったことはありませんが、韓国人でジャージのことを「スポーツウェア」と使っている人は見たことがあるので、こっちの方が使えると思います。

次に、체육복(チェユッボッ)という単語があります。

これは、小学生や中学生が体育の時間に使う体操服の意味があります。

今回のお話を音声で!

今回のお話を手軽に聞けるように、音声でもまとめてみました。

是非、ご活用ください。

今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は韓国語でジャージの意味についてお話させていただきました。

日本語でジャージと言えば「スポーツウェア」の意味ですが、国が変わればその常識は180度変わる可能性があるということが今回一番、あなたに伝えたい部分です。

韓国語で「ジャージ」とは男のアソコを意味する下ネタ単語です。

このように、男だけのお酒の席でこのネタで盛り上がることは良いと思いますが、韓国の公の場で使うことは絶対に辞めた方が良いです。

これはなぜなら、

逮捕される。もしくは、訴えられるケースもあるためです。

下ネタが冗談で通じない国なんです。

もちろん、下ネタ好きの女性もいるとは思います。

ですが、そもそも韓国社会自体が下ネタの冗談が通用しない国だということを認識しておくことが大切ですね。

今回のお話が少しでもあなたの役経つ情報になれば幸いです。

長文読んで下さりありがとうございます。