「ひどい」は韓国語で何?심하다と나쁘다はここが違う!?

「ひどい」は韓国語で심하다(シムハダ)を使います。

韓国語で「ひどい」と言いたくても、いろいろなニュアンスがありますよね。

「ひどい風邪」
「彼氏がひどい」
「ひどい目にあう」

実は、심하다(シムハダ)以外にも、他の単語を使って表す場合もあります。

今回は、

韓国人の妻と結婚して6年になる私が、
韓国語「ひどい」についてお話させていただきます。

1程度を表す「ひどい」

韓国語で「ひどい」は、심하다(シムハダ)を使います。

この심하다(シムハダ)の意味は、「物事の程度が甚だしい」という意味での「ひどい」です。

ひどい
심하다(シムハダ)

使い方

심하다(シムハダ)を会話する場合には、심해요(シムヘヨ)、심합니다(シムハンニダ)の2つがよく使われます。

심합니다(シムハンニダ)の方が、より丁寧な表現であり、目上の方に対しては、この심합니다(シムハンニダ)を使った方が無難です。

例文

・今回の風邪は咳がひどい。

イボン カムギヌン ギチミ シムヘヨ
이번 감기는 기침이 심해요

・風邪がもっとひどくなった。

カムギガ ト シムへジョッタ
감기가 더 심해졌다

このように、「風邪などがひどい」のような文で使われます。

また、誰かから「ひどい」と言われた場合などにも、심하다(シムハダ)を用います。

・そんなひどいことを言われたのは初めてです。

クロン シムハン マルル ゴン チョウミエヨ
그런 심한 말을 들은 건 처음이에요

「ひどいこと」と言いたい場合には、심한 것 (シムハン ゴ)심한 말(シムハン マル)と言います。このように、심한(シムハン )と使います。

「ひどい!それはうそだったの?」

このような会話でも、심하다(シムハダ)が使われます。

ちなみに「ひどい!うそだったの?」と言いたい場合は、심하다! 그거 거짓말이었어?(シムハダ!コジンマリオッタ?)と言います。

これに対して、「ひどい男」「休みをくれないひどい会社」「発音がひどい」のような「ひどい」もありますよね。

こういった「ひどい」に対しては、심하다(シムハダ)は使いません。次は、「ひどい男」と言いたい場合の単語についてお話させていただきます。

2「ひどい男」はどう言うの?

「ひどい男」「ひどい会社」「ひどい発音」と言いたい場合には、나쁘다(ナップダ)を使います。

나쁘다(ナップダ)には、もともと「悪い」という意味があります。

ここでよく出る質問に、

「나쁘다(ナップダ)と심하다(シムハダ)は何が違うのですか?」というものがあります。

そこで、この違いについてお話させていただきます。

심하다(シムハダ)の使い方

심하다(シムハダ)のもともとは、「その程度が甚だしい」という意味になります。

例えば、「咳がひどい」と言いたい場合は、심하다(シムハダ)が使われます。

この場合の「ひどい」は、通常の咳をするという基準を超えて、たくさんの咳が出ている状態を「ひどい」という言葉で表しています。

これに対して、심하다(シムハダ)が使えない場合があります。

それが、「男」「会社」「発音」などの単語をつけた「ひどい」です。

「ひどい男」「ひどい会社」といった形です。

「男」「会社」「発音」などの単語だけでは、どういう尺度の基準で「ひどい」にあたるのかが分からないため、심하다(シムハダ)が使えないのです。

こういう場合には、나쁘다(ナップダ)のような形容詞がよく使われます。

나쁘다(ナップダ)には、「レベルなどが非常に悪い」という意味での「ひどい」という意味があります。

3「ひどい」니쁘다(ナップダ)

나쁘다(ナップダ)を使った「ひどい」を使う場合について、お話させていただきます。

例えば、こんな例文です。

「試験でひどい点をとってしまった。」

シホメソ ナップン ジョムスルル バッゴ マラッタ

시험에서 니쁜 점수를 받고 말았다

簡単に訳せば、テストで悪い点を取った場合には、나쁘다(ナップダ)を使って「ひどい」と訳してもオッケイということです。

それから、「発音がひどい」と言いたい場合には、발음이 나쁘다(バルミ ナップダ)と言います。

また、「ひどい人」という言い方をしたい場合には、나쁜 사람(ナップン サラム)と使います。

このように、ひどいと言いたい場合には、나쁜 (ナップン )と言えばオッケイです。

ここまでのおさらい

韓国語で「ひどい」と言いたい場合には、나쁘다(ナップダ)と심하다(シムハダ)の2つの単語が使われます。

심하다(シムハダ)は、「程度が甚だしい」という意味での「ひどい」に対して使われます。

「甚だしい」とは、「ある一定の基準を大きく超えた状態のこと」を指します。

例えば、「風邪がひどくなった」といった文のように、風邪の程度が「ある一定の基準を大きく超えている」という場合に使われます。

このように、風邪や咳をはじめ、言われたことに対しても、自分自身がある一定の基準を超えたと感じれば、심하다(シムハダ)を使うことが出来ます。

これに対して、심하다(シムハダ)以外にも、「ひどい」と使う場合があります。というよりも、심하다(シムハダ)が使えないケースがあります。

それが、「ある一定の基準が、あいまいなケース」です。

例えば、「男」や「会社」といった一定の基準が人によって、違ってくる単語です。

こういった単語では、심하다(シムハダ)は使えません。

ですので、「ひどい男」「ひどい会社」などが言いたい場合には、나쁘다(ナップダ)を使って「ひどい」と表します。

4「ひどい目にあう」はどう言う?

最後に慣用表現についても少しまとめてみます。

「ひどい目にあう」「ひどい目にあわせる」

日本語には、こういった言葉もありますよね。

韓国語でこれらの言葉を言う場合には、それぞれこのように言います。

「ひどい目にあう」

ホンナダ
혼나다
ホンネダ
혼내다

このように表します。

最後に、使えそうなフレーズをまとめておきます。ご参考になさってください。

「大気汚染がひどいです」

テギオヨミ シムヘヨ
대기오염이 심해요

「症状がだんだんとひどくなっていった。」

ジュンサニ ジョムジョム シムへジョッタ
증상이 점점 심해졌다

「腰の痛みがひどい」

ホリ トンジュニ シムハダ
허리 통증이 심하다

「ひどい会社」

ナップン フェサ
니쁜 회사

「ひどい男」

ナップン ナムジャ
나쁜 남자

今回のお話のまとめ

今回は、韓国語「ひどい」について、お話させていただきました。

「ひどい」言いたい場合には、主に2つの単語を使って表現することができます。

それぞれの単語の意味を考えながら、使うことができると会話も楽しくなります。

今回の記事が少しでも役に立つ情報になれば幸いです。