旅行で使える韓国語フレーズは4つの場面に集中しろ!即日習得5分レッスン

韓国語はできないけど、まあ、何とかなるはず…

と思われているあなた!

韓国語ができなくても、何とかなります。

例えばツアーで行く場合は、たいてい、韓国語の出来る日本人か、日本語のできる韓国人のアテンドが付くので、困ることは100%ないと思います。

つまり、あなたが韓国に行って困ることはないんです!

ツアーの中の決められた時間帯に、決められた観光スポットに行き、決められた店で食事をし、決められたデパートでショッピング。

それでも、

韓国って楽しいよね。

海外に来たって感じがあるから楽しいじゃん!?

と思うかどうかは個人の自由です。

ですが、本当の楽しさは単に決められたスケージュールをこなしていくことだけではありません。

決められたスケジュールの中で、韓国人に話しかけてみる。

このちょっとした会話力が、あなたの韓国旅行を何倍にもバージョンアップさせてくれるのです。

これは、なぜなら、あなたにとっての非日常の体験だからです。

日本ではなく、韓国で韓国人と片言でも会話をしてみる。

この経験が、あなたの脳みそをさらに活性化させ、より若々しいエネルギーを作り出していくのです。

だからこそ、韓国旅行で使えそうなフレーズをいくつかあなたにご紹介させていただきます。

旅行で使える韓国語って何があるの?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

昔、金スマを見ていた時にある観光のプロの人がこんな発言をしていました。

旅行は、食事とホテルで9割きまる。

私はこの言葉が大好きで、この言葉を常に頭に入れています。

というわけで、あなたが韓国旅行をより楽しいものにする上で、絶対に外せない部分は「食事」と「ホテル」です。

ですが、あらかじめツアーで行かれる場合は、この部分をコントロールできませんので、旅行会社のスタッフと入念に打ち合わせしておかれることをおすすめします。

もちろん、おすすめのホテルで宿泊する場合が多いので、ハズレはそれほどないと思います。

韓国旅行で覚えるべき4つの場面フレーズ

話を戻しますが、旅行で使える韓国語って何があるの?という部分ですが、絶対に外せないフレーズは、

  1. 「食事」
  2. 「ホテル」
  3. 「ショッピング」
  4. 「トラブル」

この4つです。

この4つの中でさらに重要なものが、「食事」と「ホテル」です。

この2つはとても大切な要素になります。

これはなぜなら、先ほどもお話させていただきましたが、旅行は食事とホテルで決まるからです。

例えば、ホテルのチェックインで困ってしまったり、食事で注文ができないと、あなたの韓国旅行に傷がついてしまい、せっかくの海外旅行での思い出が「最悪」という記憶しか残らなくなってしまう可能性があるわけです。

ですがもしも、

食事とホテルに関する便利なフレーズを知って、

韓国旅行に行けるとしたら…

あなたの韓国旅行が今の数倍楽しいものとなり、まさにバラ色の韓国旅行に変わる可能性があるわけです。

この天国と地獄の違いをあなたは想像できますか?

しかも、そのフレーズは100も200もあるわけではありません。

最低限覚えておくフレーズを厳選しているので、空港でのんびりカフェをしている片手間にスマホでポチっと検索しながら簡単に覚えられてしまうフレーズばかりなんです。

あなたには韓国旅行をフルに楽しんでもらるための、基本的で最低限なフレーズのみをご紹介させていただきます。

空港でも間に合うぐらい、簡単なものばかり

ですので、ぜひ、この機会に読み進めていただけると嬉しいです。

旅行をフルに楽しむ韓国語旅行フレーズ

あなたには、韓国旅行をフルに楽しんでもらいたいと思っています。

そのためには、覚えるべきフレーズが少なくて、しかも言いやすいフレーズで、その上で、簡単で誰にでも言えて、しかも手っ取り早くて、空港のカフェでボーっと見ていても勝手に頭の中に入ってしまう。

そんな理想的すぎるフレーズのみを厳選してお届けします。

そんな都合の良いフレーズあるの?と、にわかに疑ってしまう方もおられると思います。

正直、そんな簡単ではないです。

ですが「火事場の馬鹿力」という言葉がありますよね。

人間、「なんとかしなくちゃ」と思って、お尻に火がついた状況の方が、バカ力を発揮して一気にフレーズを覚えられる場合も多いです。

ですので、今からご紹介するフレーズを一気に頭に叩き込みましょう。あなたなら絶対に覚えられるはず。

場面1「食事で使えるフレーズ」

【おすすめの料理を尋ねたい時】

おすすめの料理について尋ねたい時は、この2つのフレーズだけでオッケイです。

もし、あなたがオススメの料理を聞いて、店員さんの言っていることが分からないとしても、店員さんにメニュー表で指をさせてもらうと、あなたも理解できます。

それから、そもそも、

おすすめの料理が質問できるだけで、周りからの目が変わります。

なかなか、やるじゃん!と思われたいかは別としても、知っておくことでその店でのおススメの料理を食べれる確率がグンとアップしますよね。つまり、美味しそうな食事に出会える確率が格段にアップするわけです。

【メニュー表をもらいたい時】

メニュー表は、차림표(チャリンピョ)と言います。

また、「メニュ」と言っても通じますが、チャリンピョの方が相手が理解してくれやすいです。

【料理を注文する時】

料理を注文する時が一番、ハードルが高いです。

もちろん、最近では一般的な大衆の食堂でも日本語訳のついたメニュー表があるため、あまり困らなくなってきています。

ですので、ツアーであなたが行くであろうレストランや食堂では、多分日本語のメニュー表がついている店が多いと思います。

しかし、そんな店に行った時だからこそ、韓国語で一言オーダーできると、

あなたすごいじゃん!

となりますし、店員さんも嬉しいと思うんです。

そこで、使える簡単なフレーズが1つありますので、ぜひ、一言使ってみてください。

正直、このフレーズだけでどんな注文であってもカバーできます。

日本語のメニュー表があったとしても、指で店員に知らせながら「これとこれ」といった感じで「イゴランイゴ」と言えば、絶対に通じます。

それから、4つぐらい頼みたい時は、これを4回使えば相手にも伝わります。

つまり、

あなたがオーダーしたい数=イゴの回数

という方程式が完成します。

また、同じメニューを人数分言いたい時には、

「イゴ + あなたの指の数」

で店員さんは分かってくれます。

これ、私が最初に韓国でオーダーする時に使っていた必殺技なので、絶対に使えます。

例えば、

(画像引用元;https://blog.naver.com/seoboss85/221639254331

例えば、こんなメニュー表があったとしても、あなたが写真で食べたいものがあれば、その写真を指で押さえながら、

(画像引用元;https://www.pakutaso.com/20150902251win-win.html)

こんな感じで使えば、便利で簡単に使えるフレーズです。

【注文した料理がこない時】

注文した料理がまだ届いていない旨を伝えたい時には、次のようなフレーズで簡単に伝えることができます。

【食べ終わって片付けてほしい時】

【店員においしいと言いたい時】

この3つを覚えておいて、店員さんに言ってみましょう。

何かよいことがあるかもしれません。

例えば、料理の値段をまけてくれたり、サービスで何かタダで出てきたりする可能性もあります。

実際問題、韓国は情にあふれた厚い文化です。ですので、店員さんに「美味しいですね」と笑顔で言えば、良いことが起こる可能性が高いです。

私、この「美味しいですね」で何回もおまけをゲットしたことがあるんです。

是非、試してみてください。

【会計する時の決めゼリフ】

このセリフもお会計をする時の決まったフレーズですので、そのまま覚えておくと非常に便利です。

場面2「ホテルで使えるフレーズ」

次に旅行の楽しさを決める「ホテル」で使えるフレーズについてまとめてみます。

【チェックインお願いします】

「チェックインお願いします」はホテルの受付で絶対に使うフレーズです。

今回は丁寧な表現と普通に使える表現の2つをまとめてみました。

私自身は、「チェㇰイン ブタカンニダ」で十分だと思っていますが、相手に失礼のないように丁寧な表現が知りたいと思われている方も多いと思います。

ですので、丁寧な表現で「チェㇰイン ブタㇰデュリンニダ」もご紹介しておきます。

どっちを使ったら良いのか迷われた時には、丁寧な表現がオススメです。

これは、なぜなら丁寧すぎて相手を傷つけることはないからです。

【チェックアウトお願いします】

チェックインと同様にホテルで外すことができないフレーズに「チェックアウト」がありますよね。

このチェックアウトの表現も丁寧な表現と普通の表現を入れています。

どちらを使っても通じますので、ご自身で選んで使ってみてください。

【ホテルの近くのコンビニの場所を尋ねたい時】

日本はコンビニ大国です。

ですので至る所にコンビニがあり、私たちの生活と密接にかかわっていますよね。

韓国にもコンビニがあり、日本のように品揃えもよくお酒なども売っています。

韓国に旅行に行く人によく尋ねることがあるのですが、

ホテルの近くに美味しいレストランありますか?

このフレーズ、私は覚える必要ないと思っています。

これは、このフレーズの次にご紹介しますが、ホテルにあるパンフレット見れば解決できるからです。

そこで、一番ホテル関連で使われるフレーズの1つに、「コンビニの場所どこなの?」があるわけです。

旅行に来ているのに、ホテルにずっといても退屈だと思われている場合は、絶対にホテルの外に出かけるわけです。

そこで、日本人がよく行くのが「散歩ついでのコンビニ」なわけです。

例えば、

「GS25」や「CU」などが大きなコンビニの名前になります。

そして日本のセブンイレブンもよく見ます。

(画像引用元;https://cafe.naver.com/2009pangyo/1677

店の中も日本のコンビニみたいなイメージでオッケイです。

(画像引用元;https://blog.naver.com/rlagoddnd/120198887691

こんな感じです。

【ホテルの近くのコンビニを尋ねるフレーズ】

このフレーズ1つでオッケイです。

本当は、ホテルの近くと言いたい時は、호텔근처(ホテㇽ グンチョ)となるのですが、ホテルの代わりに「ヨギ」を使った方が簡単なので、この表現にしてみました。

【日本語のパンフレットがあるかを尋ねたい時】

日本語のパンフレットなんて必要ないよ!

と思われている方も多いかと思います。

特に、ツアーで参加されている場合は、アテンドがいる場合が多いのでホテルのパンフレットとかは必要ない場合もあります。

しかし、ホテルのパンフレットは観光をする時に結構役立つ情報が詰まっています。

ネットで調べればよいのでは…

ネットの情報を頼りにする方法もあるのですが、

ネットの情報に載っていない現地の情報が、

ホテルのパンフレットには詰まっている

という場合が多いです。

これは私の経験であなたにお伝えすることができるので、間違いありません。

【最新の情報が知りたい方が得するフレーズ】

場面3【ショッピングで使えるフレーズ】

やっぱり、韓国に旅行に来たらショッピングも楽しみの1つになると思います。

コスメや服、カバンに下着、服などショッピングも旅行の醍醐味になりますよね。

そんなショッピングで外せないフレーズもいくつかまとめてみます。

【カードで支払いたい時】

韓国は日本よりもキャッシュレス文化が発展していますので、ほとんどの店でカードが使えます。

JCBよりもマスターカードの方が良いですが、基本的にカードが使える文化です。

【値段を尋ねるフレーズ】

値段を尋ねたい時には、「イゴオルマエヨ」と言えば簡単に尋ねることができます。

例えば、上の画像にあるように500만원(マンウォン)の場合は、0を1つとればだいたい日本の価格に変身します。

ですので、例えば、上の500万ウォンは日本円で50万円ぐらいを表しています。

【試着できるかを聞く】

ショッピングでよく使うフレーズに「試着」のフレーズがあります。

このフレーズは私が韓国に留学した時に、まず覚えたフレーズの1つです。

やはり服の店に入ると、着てみたい服が多かったので、奥さんにまずはこのフレーズを教えてもらった経験があります。

場面4「トラブルの時に使えるフレーズ」

旅行ではトラブルがつきものですよね。

私が実際に韓国に初めて行った時に経験したことは

「食あたり」

です。

韓国の海鮮料理で今までに3回食あたりを経験していますので、食あたりの薬は持っていくことをオススメします。

【下痢止めの薬はありますか?】

韓国旅行に限らず、海外旅行では下痢止めは絶対に持っていくことをオススメしますが、それでも、忘れてしまった時には上のフレーズを覚えておくと便利です。

ちなみに、薬局は韓国語で、

と言います。

【財布を落とした場合】

財布を落としてしまうとパニックになってしまうかもしれませんが、財布よりもパスポートを失くしてしまうともっとヤバいですよね。

こんなトラブルが起きないことを祈っていますが、まさかの展開になった時には、このフレーズを試してみてください。

【ルームキーが部屋の中に…】

ホテルで宿泊している場合でのトラブルで一番多いケースが、ルームキーが部屋の中にあるのに、そのまま外に出てしまい部屋に入れないというケースです。

この場合は、フロントで上のフレーズを言うと解決できます。

トラブルの時に心がけること

旅行先でのトラブルが発生しないケースもありますが、トラブルが起こる可能性はあると頭の片隅に入れておいた方が良いです。

もしもトラブルが起こってしまい、とっさにフレーズが出てこなくても慌てないでください。

あなたのトラブルを伝える手段はたくさんあります。

例えば、インフォメーションには日本語の通じるスタッフがいる場合が多いです。

そのインフォメーションが近くにない場合には、宿泊先のホテルのスタッフに相談すればよいです。

ちなみに、

このフレーズも非常に使えるフレーズですので、参考になさってみてください。

それから、もしもフレーズを言うことに不安がある場合は、このフレーズをフロントの人に見せることでも通じます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は旅行で使える韓国語の旅行フレーズについてお話させていただきました。

今回のお話で一番お伝えしたいことは、あなたが韓国旅行で覚えるべきフレーズは多くないということです。

不必要なフレーズを覚えていても使うことがないので、

自動的に頭の中から消去

されていきます。

ですので、絶対に使えるフレーズのみを覚えておくことをオススメします。

今回お話したフレーズは、まさに使える便利でしかも簡単で覚えやすいフレーズばかりです。

もしもフレーズを相手に伝えることに躊躇された場合は、サイト自体を相手に見てもらうだけでも相手に通じると思います。

つまり言うのではなく、見せるだけです。

あなたの気持ちを相手に伝える手段はいくらでもあります。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。

長文読んで下さりありがとうございます。