「長い」は韓国語で何?길다と오래다の違いを丁寧に解説!

「長い」にあたる韓国語には、길다(ギルダ)があります。

韓国語で「長い」を使おうと思っても、ニュアンスは様々ですよね。

「長い川」
「長いしっぽ」
「長風呂」
「長電話」

実は、길다(ギルダ)以外にも、他の単語を使って「長い」を表される場合もあります。

今回は、
韓国人の妻と結婚して6年になる私が、
韓国語「長い」について、お話させていただきます。

1「長い」は韓国語で何?

「長い川」
「長いしっぽ」

このように、一般的に広く使われている「長い」には、길다(ギルダ)がよく使われています。

 

使い方

基本形

길다(ギルダ)

長い

 

길다(ギルダ)は、韓国語では基本形にあたり「長い」を意味しています。

 

この길다(ギルダ)を会話表現で使う場合には、길어요(ギロヨ)と使います。

 

ギロヨ

길어요

長いです

 

 

例文

 

・話せば長いです。

イヤギルル ハジャミョン ギロヨ

이야기를 하자면 길어요

 

・あの女性は、足が長いです。

ク ヨジャヌン ダリガ ギロヨ

 여자는 다리가 길어요

 

・髪が長いです。

モリガ ギロヨ

머리가 길어요

 

このように、一般的によく使われている「長い」には、길다(ギルダ)が使えます。

 

また、この길다(ギルダ)は、時間を表す「長い」に対しても、使えます。

 

「睡眠時間が長い」

「長い休み」

「労働時間が長い」

 

このような使い方もできます。

 

それから、「長電話」「長風呂」「長ばなし」。こういった「長い」を使った表し方もありますよね。

 

このような「長〜」という表現にも、길다(ギルダ)は活躍します。

 

ちなみに、「長い」という言い表し方には、「긴」と使います。

 

例文

 

・長電話(長い電話)

ギン トンファ

긴 통화

 

・長風呂(長い風呂)

ギン モギョク

긴 목욕

 

・長話(長いおはなし)

ギン テファ

긴 대화

 

このように、길다(ギルダ)は、一般的に使われている「長い」に対して、幅広く使うことができます。

 

ですが、

 

かなり、万能な길다(ギルダ)なのですが、길다(ギルダ)を使って表すことができない場合もあるのです。

 

そうです、例外が存在するのです。

 

次は、길다(ギルダ)が使えない「長い」についてお話させていただきます。

 

2別の単語「오래다(オレダ)」

 

韓国語で「長い」を表す単語は、길다(ギルダ)以外にも単語があります。

 

それが、오래다(オレダ)です。

 

オレダ

오래다

(年月が)長い

 

長年にわたる年月が「長い」という意味で使いたい場合には、오래다(オレダ)を使います。

 

例えば、「長い歳月」「長い歴史」といった表現をする時です。

 

오래다(オレダ)の使い方

 

오래다(オレダ)は、何年にもわたる年月を表す場合に使われます。

 

また、오래다(オレダ)は「永い」「久しい」という意味でも使われます。

 

ですので、「長い間」と使いたい場合には、오래다(オレダ)の方がよく使われています。

 

「長い間」には、「久しい」「久しぶり」という意味がありますよね。

 

ですので、오래다(オレダ)のほうがよく使われています。

 

오래다(オレダ)は、副詞形で使われます。副詞の形は、오래(オレ)と使います。

 

・長い年月

オレン シガン

오랜 시간

 

・島の長い歴史

ソムエ オレン ヨクサ

섬의 오랜 역사

 

・長く使う道具

오래 쓸 물건

 

오래(オレ)を使った形には、何年にもわたるという意味あいで使われます。

 

ちなみに、「長らくお待たせしました」という表現にも、この오래(オレ)が使われます。

 

「長らくお待たせしました」は、오래 기다리셨습니다(オレ キダリショッスンニダ)と使います。

 

また、오래には、오래되다(オレデダ)という表現もよく使われます。

 

오래되다(オレデダ)

 

오래되다(オレデダ)は、「古い」という意味があり、今回のテーマである「長い」とは少し意味合いが違ってきます。

 

오래되다(オレデダ)の使い方は、「古い時計」「古い友人」といった使い方ができます。

 

古い友人は、오래된 친구(オレデン チング)。

古い時計は、오래된 시계(オレデン シゲ)。

 

오래되다(オレデダ)については、また別の機会に詳しくお伝えさせていただきます。

 

 

今回のお話のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は韓国語「長い」について、お話させていただきました。

 

「長い」にあたる韓国語には、길다(ギルダ)と오래다(オレダ)があります。

 

それぞれの単語で、意味合いがが違ってきます。

 

길다(ギルダ)は、「長い川」「長いしっぽ」「髪が長い」など、幅広く使うことができる単語です。

 

また、「時間が長い」といった意味でも使うことができます。「睡眠時間が長い」「労働時間が長い」のような時間の長さに対しても使われます。

 

それに対して、오래다(オレダ)は、「年月の長さ」を表しています。

 

「長い年月」「長い歴史」のような、何年にもわたる「長さ」に対して使われる単語です。

 

また、「長い間」と言いたい場合には、오랫동안(オレッドンアン)と使います。

 

今回のお話が少しでも役に立つ情報になれば幸いです。

 

長文読んでいただき、ありがとうございます。