韓国語の数字の読み方と覚え方はコレを覚えろ!

「この服は何円ですか?」
「コーヒー2杯ください」
「これ、4つください」
「今、何時ですか?」

あなたが韓国に遊びに来た時に、切っても切れない言葉が「数字」です。韓国語の数字を覚えておくと、色々な場面で助けになります。

食堂で注文する時、ショッピングでお金の計算をする時、お友達と待ち合わせの時間を話し合う時。私たちの日常で絶対に使う数字ですので、覚えておいて損はありません。

そこで、今回は韓国語で数字の読み方と覚え方について丁寧にお話させていただきます。

1. 韓国語の数字の読み方と覚え方

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

韓国語で数字の読み方が分かると、色々な場面で使えて便利ですよね。

例えば、あなたがショッピングを楽しもうと思っても、韓国語で値段の読み方が分からなかったら買い物の楽しさは半減しますよね。

また、韓国にはおいしい料理も多いです。辛い料理や匂いの強い料理が苦手な方も多いですが、例えば、サムゲタンやサンギョプサルなどの料理は日本人に人気の韓国料理です。

このような注文する場面で数字が読めるだけで韓国旅行がさらに楽しくなりますし、読めるだけで少し自信になったりするのです。

韓国旅行を快適な旅にするためにも、数字の覚え方についても今回はお話させていただきます。というのも、韓国語を勉強している人のお悩みに「全然数字がおぼえられません。どうすれば覚えられますか?」という悩みが多いためです。

ですので、数字の読み方と覚え方をセットにして記事を読めるような形を作ってみます。

ですので、韓国語に限りませんが、外国語を覚える際には最低限の基本的な数字だけでも読めることが大切ですよね。そしてもっと言うと、覚えた単語が実戦で使えるようになること。この部分も大切ですよね。少しでも数字の読み方が覚えられるように色々と工夫してまとめてみます。

2. 韓国語の数字の読み方と覚え方【基本編】

ここからは、韓国語の数字の読み方と覚え方の基本的な部分についてお話させていただきます。

数字の読み方の基本としては、「いち」「に」「さん」の読み方と「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」の読み方に大きく分けるとわかれます。

この数え方は韓国語でも同じで、それぞれの数え方によって数字の読み方は変わってきます。そこで、数字の読み方と覚え方について丁寧にまとめてみます。

2-1. 韓国語で0~9までの数字の読み方

このように「いち」「に」という言い方は上の表にあるように読むことができます。

補足説明
➊数字の「よん」は日本語では「し」という読み方もありますが、韓国語では사(サ)でOK
➋数字の「なな」も「しち」の読み方ができますが、칠(チル)でOK
➌数字の「きゅう」も「く」の読み方ができますが、구(ク)でOK

2-2. 0~9までの数字の覚え方は電話番号で

次に、0~9までの数字の覚え方についてお話させていただきます。

数字の覚え方は色々な覚え方があると思いますが、あなたの身近な経験で覚えた方が日常の生活をイメージしやすいので覚えやすいです。

そこで日常で電話をよくする人も多いかと思いますので、電話番号を使った覚え方を1つ作ってみます。

韓国の携帯の番号はだいたいが080で始まる番号が多いです。ちなみに、080は공(ゴン)팔(パㇽ)공(ゴン)と読みます。

補足説明
080-1234といった電話番号の数字と数字の間につける「ー」のマークは、韓国語で다시(タシ)と読みます。ついでに覚えておかれると便利です。

3. 10(じゅう)から1万までの数字の読み方

次に、10(じゅう)から1万までの数字の読み方についてまとめてみます。

1~10までの数字が読めても、あなたが何か買い物をした際など日常で使う時にあまり使うことができません。ですので、最低、10から1万ぐらいまでの読み方をおすすめします。

3-1. 10~90までの数字の読み方

まずは10~90までの数字の読み方です。

10は韓国語で십(シㇷ゚)と言います。上の表を見ていただければ分かりますが、10を表す십(シㇷ゚)をお尻につけて20(이십;イシㇷ゚)30(삼십;サムシㇷ゚)40(사십;サシㇷ゚)と読めばオッケイです。

補足説明
십(シP)のPはㇷ゚と読みます。

3-2. 100~900までの数字の読み方

次に、100から900までの数字の読み方を表にまとめてみます。

100は韓国語で백(べㇰ)と読みます。ですので、200の読み方は이백(イベㇰ)と表します。つまり、数字の読み方の後ろに백(ベㇰ)とつけるだけです。

以下に100から900までの数字を表した表を作ってみます。

3-3.1000~9000までの数字の読み方

次は、1000から9000までの数字の読み方についてまとめてみます。

1000は韓国語で천と書き(チョン)と読みます。ですので、この천(チョン)をお尻につけて2000(이천;イチョン)3000(삼천;サㇺチョン)と読めば簡単に数字を読むことができます。

このような感じで、10から90までの数字の読み方と100から900までの数字の読み方、1000から1万までの数字の読み方に小分けして読めば、それぞれの数字の共通点を見つけやすいです。

補足説明
ちなみに、1万(いちまん)は韓国語で만と書き(マン)と読みます。ですので、2万と言いたい時は、이만(イマン)と言い、3万と言いたい時には산만(サンマン)と読みます。つまり、🔴万と言いたい時にはお尻に만(マン)と付けると良いですね。

3-4. 1万までの数字の覚え方は”あなたの趣味で”

ここからは、一万までの数字の覚え方についても一つ例を示したいと思います。なるべく日常生活の中で使える場面を想定して韓国語の数字を覚えることで、実践で使いやすいです。

そこでお金をイメージを使った覚え方を1つあなたに示します。

3-4-1. 男性だったら自動車で

まずは、韓国の中古車サイトにあったキアの自動車を例に出してみます。韓国の自動車の会社にキアという会社があります。青い四角で囲った部分を注目していただきたいのですが、1500만원(マンウォン)と載っていると思います。

1500만원(マンウォン)の読み方

1500(1000천;チョン+500오백(オベㇰ)
これを合わせると、1500(천오백;チョン オベㇰ)
となります。

このような感じで、あなたの興味のあるもので数字の読み方の練習をする覚え方は楽しいですし長続きします。例えば、ファッションに興味のある方の場合は韓国のファッションサイトを見ながら、数字の読み方を覚えると良いです。

この覚え方は、実際に私が実践しているので、モノに興味のある方は使いながらすぐに覚えられるようになります。

3-4-2. 女性だったら化粧品や服で

9900원(ウォン)の読み方

9900(9000구천;クチョン+900구백(クベㇰ)
これを合わせると、9900(구천구백;クチョン クベㇰ)
となります。

韓国のファッションサイトなどを検索してあなたが気に入る服を見ながら、韓国語の数字の読み方を覚える覚え方はいかがでしょうか。日本のサイトもいいですが、韓国のファッションのサイトも面白いですよ。

補足説明
ちなみに、韓国の値段を日本で換算する場合は10分の1で考え、0を1つとると良いです。
例えば車の画像にある1500만원(マンウォン)の場合は0が1つ取れるので日本円で考えると150万円ぐらいになります。

3-5.お金の読み方

お金好きな方は韓国のお札を数えながら数字を覚える覚え方もあります。私はお金が好きなので、お札を数えながら韓国語の数字を覚えた経験があります。お金の力は考えているよりも強く、簡単に覚えられるようになります。

そこで、韓国のお金の読み方についても表を作っておきますので、ぜひご参考になさってみてください。

韓国のお金の数え方はこのようになります。

補足説明
韓国語で「いくら」と言いたい場合は、
얼마에요(オルマエヨ)と使います。

4.「ひとつ」「ふたつ」の数字の読み方

ここまで「いち」「に」の数字の読み方についてお話させていただきましたが、次は、「ひとつ」「ふたつ」の読み方についてまとめてみます。

この数字の読み方を使う場面としては、

「リンゴが3こあります」
「コーヒー1杯ください」

このような場面で使える読み方です。

4-1. 「ひとつ」「ふたつ」の数字の覚え方


(引用;https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20180122-00080655/)

「ひとつ」「ふたつ」の覚え方の日常でなるべく使える場面をイメージして使うほうが覚えやすいです。

私が実際に使った覚え方をあなたにも少しご紹介させていただきます。

私が実際に使っていた数字の覚え方は、スーパーに行って実際に果物や野菜を数えてみる。

という実践的な方法です。スーパーマーケットが近くにない方は、コンビニでも何でもオッケイです。とにかく、現場に足を運んで実際に果物やアイスクリームなどを韓国語で数えてみる。

この方法がかなりおすすめです。

5.今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は韓国語の数字の読み方や覚え方について色々とお話させていただきました。

数字の読み方の覚え方は、人それぞれです。ですが、実践で使いながら覚えることを意識されると覚えるスピードが一気に加速します。

これはなぜなら、人はイメージしながら覚えることで効率的に覚えられる構造になっているからだそうです。私自身もはじめは半信半疑で実践で使えるのかを試しながら覚えてみましたが、実践で実際に使ってみることで記憶に残りやすいと感じています。

韓国語での数字の覚え方には、人それぞれの性格も影響していると思いますが、実践で使ってみると自信になります。この小さな自信が次のステップの励みになる場合が多いです。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。

長文よんでくださりありがとうございます。