韓国語「体が柔らかい」は「몸이 부드럽다」? スッキリ解説「柔らかい」

「柔らかい」にあたる韓国語には、부드럽다(ブデュロプタ)があります。

韓国語で「柔らかい」と言いたいくても、そのニュアンスは様々ですよね。

「唇が柔らかい」
「柔らかいソファ」
「頭が柔らかい」

実は、부드럽다(ブデュロプタ)以外にも、他の単語を使って表される場合もあるのです。

今回は、
韓国人の奥さんとの結婚生活6年を迎える私が、
韓国語「柔らかい」について、丁寧にお話させていただきます。

1感触が「柔らかい」

「柔らかい」という言葉には、まず、感触の柔らかさを表す意味があります。

「柔らかい唇」
「柔らかいまくら」
「柔らか肉」

このように、いろいろな部分で「柔らかい」という言葉は使われています。

感触を表す「柔らかい」は、부드럽다(ブデュロプタ)を使います。

부드럽다(ブデュロプタ)
感触を表す「柔らかい」

この부드럽다(ブデュロプタ)は、主に「固い」の反対語となる「感触の柔らかさ」について用いられます。

例文

・この肉は柔らかい。

イ コギヌン ブデュロプタ
이 고기는 부드럽다

・柔らかいご飯をたべます。

ブデュロウン パブル モクタ
부드러운 밥을 먹다

このように、固いの反対で使われる「柔らかい」という言葉にたいして、よく使われます。

また、「柔らかい」という言葉でもよく使われますよね。柔らかいと使いたい場合には、

ブデュロウン 
부드러운   

こういった使い方も覚えておかれると、非常に便利な表現です。

また、この부드럽다(ブデュロプタ)は、固いの反対を表す「柔らかさ」以外にも、いろいろな場面で使うことができます。次は、固さ以外の使い方をみてみましょう。

2부드럽다(ブデュロプタ)=強烈ではない

実は、부드럽다(ブデュロプタ)は固さ以外でも使うことが可能です。

それが、「強烈ではない」という意味で使われる「柔らかさ」です。

例えば、こんな感じです。

「柔らかい日差し」
「柔らかい色の部屋」

これらの言葉は、「肉が固い」などの固さとは関係はないですよね。

これらの例文からお分かりのように、「日差しなどが強烈ではない」という意味での「柔らかさ」にも부드럽다(ブデュロプタ)は使えます。

ちなみに、柔らかい日差しは、부드러운 햇살(ブデュロウン ヘッサル)と言います。햇살(ヘッサル)は太陽の日差しという意味があります。

しかし、感触を表す「柔らかい」の中でも、フワフワした柔かさを表すものには、別の単語が使われる場合もあります。

次は、부드럽다(ブデュロプタ)以外の単語についてお話させていただきます。

3クッションなどが柔らかい

感触を表す「柔らかい」は、부드럽다(ブデュロプタ)で表されます。

ただし、フワフワしたクッションなど、フワフワした感触をよく表した単語が韓国語にはあります。

それが、푹신하다(プクシナダ)です。

푹신하다(プクシナダ)は、クションなどがフワフワしている様子をよく表した単語です。

例文

・これは、柔らかい敷き布団です。

イゴスン プクシンハン ヨイェヨ
이것은 푹신한 요예요

・これは柔かいクッションです。

イゴスン ブデュロウン クッションインニダ
이는 부드러운 쿠션입니다

こういった感じで、푹신하다(プクシンハダ)は使われます。

また、この푹신하다(プクシンハダ)は、「柔らかいクッション」「柔らかい布団」など、「柔らかい」という使われ方がよくされます。

柔らかいを使う場合は、「푹신한(プクシンハン 」と使います。

ここまでのおさらい

韓国語で「柔らかい」を表す単語は主に2つあります。

・부드럽다(ブデュロプタ)
・푹신하다(プクシンハダ)

この2つです。

부드럽다(ブデュロプタ)は、「柔らかい唇」「柔らかいご飯」など、感触の柔かさを表す場面で使われる単語です。

また、感触だけではなく「柔らかい日差し」「柔らかい色調」など、日差しや色の柔かさにも用いることができる便利が単語です。

その一方で、푹신하다(プクシンハダ)という単語も「柔らかい」を表す単語です。

この푹신하다(プクシンハダ)の場合は、「柔らかい布団」「柔らかいクッション」「柔らかい椅子」などの表現で使われます。

この単語の大きな特徴は、「フワフワとした柔かさ」です。

푹신하다(プクシンハダ)も부드럽다(ブデュロプタ)もどちらも「感触を表す柔かさ」を表すため、区別がするのが難しいですよね。

ですが、부드럽다(ブデュロプタ)の「柔らかい」という感触を表す単語の中に、フワフワとした「柔らかい」を表す푹신하다(プクシンハダ)があるとイメージしていただければオッケイです。

どちらを使えば良いかわからない場合には、부드럽다(ブデュロプタ)を使えば、意味的には通じる場合も多いです。

フワフワとした感触をもっと強調したい場合には、푹신하다(プクシンハダ)がおすすめです。

ここまで、韓国語の「柔らかい」を表す単語を2つご紹介させていただいたのですが、実は、「柔らかい」を表す単語があるのです。

次は、まだご紹介していない単語について、お話させていただきます。

4体が「柔らかい」

「柔らかい」には、「体が柔らかい」といった使い方もよくされますよね。

韓国語ではこういった体の柔らかさには、유연하다(ユヨンハダ)が使われます。

ユヨン
유연
柔軟

유연(ユヨン)という単語には「柔軟」という意味があります。

例文

・体の動きが柔らかい。

モムドンジャギ ユヨンハダ
몸동작이 유연하다

体の柔らかさを表現したい場合には、このように、유연하다(ユヨンハダ)を使います。

また、体の柔らかさ以外にも、頭の柔らかさに対しても、この유연하다(ユヨンハダ)は使えます。

・頭が柔らかい

モリガ ブデュロタ
머리가 부드럽다

このように思考が柔軟であるという表現に対しても、유연하다(ユヨンハダ)が使えます。

それから、「体が柔らかくなる」と言いたい場合の「柔らかくなる」は、유연해지다(ユヨンヘジダ)を使って表します。

今回のお話のまとめ

今回は韓国語「柔らかい」について、お話させていただきました。

韓国語で「柔らかい」にあたる韓国語は主に3つです。

・부드럽다(ブデュロプタ)
・푹신하다(プクシンハダ)
・유연하다(ユヨンハダ)

これらの単語それぞれで、ニュアンスは少しづつ違いますので、場面によって使い分ける必要があります。

感触をあらわす「柔らかさ」に対しては、부드럽다(ブデュロプタ)が使われます。

また、その感触の柔らかさの中でも、「フワフワとした柔らかさ」を表したい場合には、푹신하다(プクシンハダ)を使って表現します。

それから、体の柔らかさや、思考が柔軟であることを言いたい場合には、유연하다(ユヨンハダ)を使います。

ちなみに、「柔らかい思考」は、유연한 사고(ユヨンハン サゴ)と使います。

今回の記事が少しでも役に立つ情報になれば幸いです。

長文読んでいただき、ありがとうございます。

2 件のコメント

  • はじめまして。
    頭を柔らかくして考える、などの時はどうなりますか?
    英語だと、think outside the box(箱の外を考える→型にはまらない考え方をする、柔軟に考える)
    中国語だと、灵活【想法不要那么死,灵活一些】
    です。
    유연하게 생각でしょうか?

    • goto500000 より:

      ご質問、
      ありがとうございます。

      頭を柔らかくして考える
      と韓国語で表現したい場合は
      そのような表現は使いません。

      しいて言うなら、

      유하다を使って、

      この人柔らかい人という感じのニュアンスになりますが、韓国人はあまり使いません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です