「苦い」は韓国語で何?「苦い記憶」ありませんか?

「苦い」にあたる韓国語は쓰다(スダ)で表されます。

「苦い」と言いたくても、そのニュアンスは色々ありますよね。

「味が苦い」
「苦味がある」
「苦い記憶」

実は、쓰다(スダ)以外にも、他の単語を使って表される場合もあるのです。

今回は、
韓国人の妻と結婚して6年になる私が、
韓国語「苦い」についてお話させていただきます。

1味を表す「苦い」

「苦い」はそのほとんどが「味」を表す「苦い」です。

韓国語で「苦い」は、쓰다(スダ)を用いて表されます。

スダ
쓰다
苦い

使い方

쓰다(スダ)は、「苦い」という意味ですが、「苦いです」と言いたい場合には、써요(ソヨ)と使います。

この써요(ソヨ)で、「苦いです」という意味になります。

また、もう少し丁寧に言いたい場合には、씁니다(スンニダ)と使います。

씁니다(スンニダ)は、써요(ソヨ)よりも丁寧な言い方ですので、目上の方などに使える表現方法です。

例文

・薬は苦いです。

ヤグン スンニダ
약은 씁니다

・コーヒーが苦いです。

コピガ スンニダ
커피가 씁니다

・苦味のある野菜

スンマシ ナヌン チェソ
쓴맛이 나는 채소

このように、味を意味する「苦い」に関しては、この쓰다(スダ)が代表的な単語です。

苦味のあるという言い方は、結構使えるフレーズです。

韓国語で「苦味のある」は、쓴맛이 나는(スンマシ ナヌン)と使います。

それから、野菜という表現は、韓国語では2通りあります。

1つ目は채소(チェソ)で、2つ目は야채 (ヤチェ)です。どちらでも間違いではありませんが、一般的には、채소(チェソ)がよく使われています。

苦い

これまでの表現では、「〜が苦い」という表現をお伝えしましたが、「苦い」という言い方もよく使われますよね。

苦いと言いたい場合には、쓴 (スン )と表現します。

例えば、「苦いコーヒー」であれば、쓴 커피(スン コピ)となります。それから「苦い薬」であれば、쓴 약(スン ヤク)となります。

それから、実は、味を表す「苦い」は、쓰다(スダ)以外にもあります。

次は、この쓰다(スダ)以外の単語についてお話させていただきます。

2쓰다(スダ)以外の単語

実は、쓰다(スダ)以外にも「苦い」を表す単語があります。それが、씁쓸하다(スプスルハダ)です。

この씁쓸하다(スプスルハダ)も、「苦いコーヒー」のように、味について使うことができます。

씁쓸하다(スプスルハダ)
苦々しい
(少し)苦い

また、この씁쓸하다(スプスルハダ)は、別の意味でも使うことが可能な単語なのです。

例えば、「苦々しい表情」「苦々しい気持ち」といった、比喩的な表現としても使える単語です。

使い方

「苦々しいです」と言いたい場合には、次の2つの表現で表されます。

1つ目が、씁쓸해요(スプスルヘヨ)という言い方です。この言い方は、一般的に使われる表現です。

2つ目は、丁寧な表現で、씁쓸합니다(スプスルハンニダ)という言い方です。

この2つの使われ方が一般的です。

少し苦い

씁쓸하다(スプスルハダ)は、「少し苦い」という意味が基本です。ですので、「めちゃくちゃ苦い」と言いたい場合には適しません。

例えば、「少し苦い味がした」のような、普通よりも少し苦いという部分を言いたい場合に、씁쓸하다(スプスルハダ)が使われます。

ちなみに、「少し苦い味がした」は、좀 씁쓸한 맛이 났다(チョム スプスルハン マシ ナッタ)と言います。

それから、「苦々しい表情」は、씁쓸한 표정(スルスプハン ピョジョン)と言います。また、「苦々しい気持ち」は、씁쓸한 기분(スルスプハン キブン)です。

ここまでのおさらい

韓国語で「苦い」には2つの単語があります。

この「苦い」の大半は、味を表す「苦い」です。

代表的な単語に쓰다(スダ)があります。

「薬が苦い」「コーヒーが苦い」といった味を表す「苦い」に対して使われる代表的な単語です。

この쓰다(スダ)は、会話では、씁니다(スンニダ)や、써요(ソヨ)という使い方をします。

씁니다(スンニダ)は丁寧な使い方ですので、目上の方に対して使われることがあります。

もう1つの単語は、씁쓸하다(スプスルハダ)です。

씁쓸하다(スプスルハダ)は「少し苦い」という意味があり、「コーヒーが少し苦い」のように、に対して使うことができます。

そのほかにも味だけではなく、「苦々しい表情」「苦々しく笑う」といった「苦い」の比喩的な表現に対しても使うことができます。

会話などで使う場合には、씁쓸해요(スプスルヘヨ)と씁쓸합니다(スプスルハンニダ)の2つで表される場合が多いです。

これまでに、韓国語の「苦い」について、2つの単語をお話させていただきした。

実は、この他にも「苦い」を表す単語があります。

今からご紹介する単語は「苦い経験」といった経験に対する辛さを表す単語です。気になる方は、ご覧になってください。

3経験に対する「苦い」

「苦い経験」「苦い記憶」のように、「苦い」には「辛い」を表す意味があります。

このような「辛い」を表す「苦い」は、쓰라리다(スラリダ)を使います。

쓰라리다(スラリダ)
苦い=辛い

この쓰라리다(スラリダ)は、「苦い思い出」などの辛い経験に対して用いられる単語です。

使い方

쓰라리다(スラリダは、쓰라렸어요(スラリョッソヨ)と使います。

また、もう少し丁寧に表現したい場合には、쓰라립니다(スラリンニダ)と表現します。

それから、「苦い経験」のように「苦い」と言いたい場合には、쓰라린 (スラリン )という言い方で表します。

ですので、「苦い経験」は、쓰라린 경험(スラリン ギョンホム)となります。

また、「苦い記憶」と言いたい場合には、쓰라렸던 기억(スリャリョットン キオク)となります。

これらは、丸暗記してしまえば、いろいろな場面で使えるフレーズです。

ちなみに、「苦い思い出」は쓰라린 추억(スラリン チュオク)となります。

今回のお話のまとめ

今回は韓国語「苦い」についてお話させていただきました。

韓国語の「苦い」には3つの単語があります。

쓰다(スダ)、씁쓸하다(スプスルハダ)、쓰라리다(スラリダ)の3つです。

쓰다(スダ)は、「苦いコーヒー」などの味を表す「苦い」に対して使われる単語です。

また、씁쓸하다(スプスルハダ)も味に対しての「苦い」を使うことが可能です。씁쓸하다(スプスルハダ)を使った場合は、「少し苦い」という意味になります。

それから、씁쓸하다(スプスルハダ)の場合は、「苦々しい表情」といった「苦い」を比喩的に使いたい場合にも使えます。

最後に、쓰라리다(スラリダ)です。

この쓰라리다(スラリダ)は、「辛い」を表す「苦い」に対して使われます。

「苦い経験」「苦い過去」「苦い思い出」「苦い記憶」といった、自分にとって辛い経験になるものに使われる単語です。

このように、韓国語の「苦い」には主に3つの単語があります。これらの単語を用いて、「苦い」を使った表現が少しでも楽にできるようになれば幸いです。

長文読んでいただき、ありがとうございます。

あなたのお悩み募集中!

韓国語学習での最大の敵は「発音」です。

この発音さえ8割クリアー出来れば、

韓国語が今の3倍楽しくなると考えています。

なぜ3倍なのかというと、私自身、韓国語の発音をある程度マスターしたおかげで、

韓国人の友達が今までの3倍ぐらいでき、
韓国語ブログを運営しても今までの3倍ぐらい読者が増え、
結果、収入面までもが3倍上がりに増えたからです。

つまり、

たかが「発音」なのですが、もしかするとあなたの人生を大きく変えてしまう最後のワンピースになる可能性を秘めているからです。

韓国語を勉強してまだ5年あまりの未熟な私ができること。

それは、あなたの悩みを聞いて、私の身につけた韓国語学習法をあなたに伝授することです。

この発音がうまく言えない!
韓国人と付き合いたいんだけど・・・
韓国に留学したいんだけど・・・

小さな心配事や悩み事でも何でも良いので、ぜひ、私にメッセージを送ってください。

メッセージを送ってくれた方には、私が作ったレポート「決断力を進化させる3つの方法」をプレゼントさせていただきます。

私はこのやり方で、オーストラリア留学と国際結婚を決断しました。

実体験のレポートなので、そこらへんの本よりも使える内容だと思います。

こちら宛にご連絡ください。

famousguy777@gmail.com

なお要件は「お悩み相談希望」と記入いただくと、スムーズに連絡が運びます。