韓国語「アイゴー」の意味は何?アイゴーを使う場面も解説

韓国語でアイゴーは「あー」「あら~」といった
言葉に表すことができない場面で使われる表現です。

私の奥さんの場合は、
友達と電話している時に、
よくこの「アイゴー」が聞こえてきます。

というよりも、
アイゴーを連発しています。

そこで、奥さんにアイゴーって
一体どういう意味なの?

と聞いて見たのですが、
日本語に訳すことができないようです。

そこで、私なりに
韓国人がよく使っている「アイゴー」について
記事にしてみたいと思います。

アイゴーの意味

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

まず、「アイゴー」の意味ですが、
日本語にすると、
「あー」とか「あらまー」といった感じで
使うと良いと考えています。

アイゴーがよく使われる場面

アイゴーがよく使われる場面は以下です。

  • 痛い時
  • 驚いた時
  • 飽きれた時
  • 悔しい時や疲れている時
  • ピンチに陥った時など

ほぼ、全ての場面でアイゴーは使われています。

それから、これは私が実際に見たことがあるのですが、韓国の葬式で大切な人を失くした時にも使われています。

私は奥さんの親族が亡くなった時に実際に
火葬場に足を運びましたが、
火葬場で遺体が焼かれる前には
涙を流しながら「アイゴー」と言っていました。

こういった場面から感じたことは、

言葉にできない感情の表現が
韓国語にはあるのではないかと感じました。

葬式での場面を考えると、

「あなた~逝かないで~」

という強いメッセージを込めて
「アイゴー」と言っているように私は感じました。

また、私の奥さんの場合は
驚いた時と家事が忙しくて大変な時には、
いつも「アイゴー」と使っています。

驚いた時にアイゴーと使うと、
「マジっすか!?」
「そんなまさか…」
と同じ表現になると考えています。

また、疲れた時の「アイゴー」は、
「やべ~」
「今日は疲れるな~」
「よし、がんばるか…」
つかう人がどういった表情で使うかも含めて、
こういった意味になるのではないかと思いまます。

このようにアイゴーは、
色々な場面で使われる言葉にできない言葉だと
私は捉えています。

ネイバーの翻訳サイトでも

アイゴーを調べてみたのですが、

「やれやれ」「いや~」といった形の意味が
紹介されていました。

気になる方は、
私のサイト以外もご覧になり色々な使い方について
調べてみるとよいと思います。

今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は韓国人がよく口に出す
「アイゴー」について記事にしました。

アイゴーは色々な場面で使うことができる
便利な単語です。

しかしながら、
私たち日本人はアイゴーを使うよりも、
きちんと自分の言葉で伝えた方が良いと思います。

これはなぜなら、
間違ったニュアンスを相手に与えてしまう
可能性があるからです。

アイゴーは驚いた時、痛い時、悲しい場面など
色々な場面で使えますが、

あなたの気持ちをアイゴー1つで
相手に伝えることはなかなか

至難のワザだと言えます。

相手が使ってきたアイゴーに関しては、
今、使ったアイゴーってどういう意味ですか?
尋ねてみると使い方や意味の勉強になると思います。

ニュアンスって難しいですよね。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。長文読んで下さり本当にありがとうございます。