韓国語「テバ」に警告発令。使えば「やばい」時代遅れのレトロ単語を今すぐチェック

韓国語の대박(テバㇰ)には「すごい」「やばい」「最高」といった意味があります。

私も韓国に留学した時には、至る所でこのテバを聞いていました。

ですが、

奥さんにテバって今もよく使われているの…

と尋ねてみると、

「もう昔の言葉になりつつあるよ」

こんな衝撃的な言葉がとんできました。

つまり、

言葉にも賞味期限がある

というわけなんです。

言葉の場合は、「賞味期限が切れる」という言葉はある言葉に置き換えられます。

それが「死語」。

そこで、死語になってやばい事態になる前に、韓国語のテバについてまとめてみます。

韓国語テバを使うとやばい!?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

韓国語のテバは正式に発音すると「テバ」ではありません。

韓国語で書くと대박となり、これを読むと「テバㇰ」と読みます。

今回は日本人がよく使っている「テバ」で統一して説明させていただきます。

テバの意味にはプラスとマイナスの両方で使うことができます。

例えばこのテバには、「大当たり」「最高だ」というプラスの意味として使うことができます。

その一方で、「大外れ」「最悪だ」というマイナスな感情を表す単語でもあります。

つまり、両方のニュアンスを持っているため時と場合によってプラスにもマイナスにも変わる融通のきく単語だと言えます。

テバの使われ方

テバを使う場面ですが、良いことにも悪いことにも想像以上の出来事に対し使うと相手によく伝わります。

ここで大切な部分が

「自分の想像を超えた出来事」

という部分です。

例えば、

運動会などで、誰もが知っている運動神経の良い子供が50メートル走で1位になってもあまり驚きませんよね。

この状況では「テバ」を使えません。

そうではなく、足が速そうではない子どもが、50メートルを走った時に意外にもかなり速いというタイプがいます。

少しポッチャリタイプの子ども

です。

実は、ポッチャリタイプの人の中には、意外にも足がかなり速いとい人も多いです。

この状況は意外な状況ですので、テバが使えるわけです。

つまり、テバを使う状況としては、

何じゃこれ!?すごいじゃん!

という意味で使われるわけです。

テバが使えるある一面

私が高校時代にはある格闘技選手がヒーロになっていました。

(画像引用元;http://www.igf.jp

彼の名前は、ボブサップです。

この格闘技選手の何がすごいかといいますと、

デブいけど足が弾丸でめちゃくちゃ速い

という部分です。

実は、もとアメフト選手なんです。

つまり、意外な一面があるんです。そしてインパクトのある驚きですよね。

だからこそ、こういう状況で「テバ」が使えます。

韓国語でテバを使うと昭和のレトロ

ここまで、韓国語のテバの使い方について、色々とお話させていただきました。

ですが、ここで重要なことを言い忘れていましたので、あなたにシェアします。

それが、そもそも、

韓国語のテバは今現在、

あまり使われていない単語

だという点です。

私の奥さんに聞いた情報なのですが、テバはひと昔前に流行ったトレンドワードで、

今、使えば古臭いイメージ

をもたれるそうです。

つまり、

昭和レトロな雰囲気がプンプンしてしまうらしいです。

おっさんギャグ的な要素が強くなってしまうわけです。

俺、テバ覚えたぜ~

これはかなりイケてる単語だぜ~

と調子に乗って韓国人に使いまくると、赤っ恥をかく可能性があるので注意が必要です。

テバがダメなら、何使えばいいの?

と思った人は、いませんか?

テバがダメなら、気持ちを切り替えて、次に覚えるべき単語が存在しています。

しかも、かなり使える単語です。

もう一度、テバの意味を簡単にまとめると、

「最高」「やばい」「なんじゃこれ!すごいじゃん」

こういった意味合いがあります。

ですので、あなたにお伝えしたい単語は、これらの意味を持った単語です。

では、どんな単語があるのかについて簡単にまとめてみます。

テバの代わりに、これを使え!

■最高

最高と言いたい時には、최고(チェゴ)と使えばオッケイです。

この최고(チェゴ)で最高!という気持ちを表すことができます。

それから、「最高だ」と言いたい時には、

この2つの表現だけで十分活用できます。

■すごいね

2つ目に「すごいね」という言い方も覚えておくと便利です。

「すごい」は韓国語の대단하다(テダンハダ)という単語です。

例えば、

「料理の腕がすごい」

「会社にすごい能力の高い人が入ってきた」

このように、自分のレベルや程度が優れているという意味でよく使われる単語です。

それから、この대단하다(テダナダ)は、感嘆や称賛の声でも使われることが多いです。

「おばあちゃんは10人の子どもを育て上げたすごい人です」

このような「すごい」に対しても대단하다(テダナダ)よく使われています。

韓国人と話すと分かりますが、この대단하다(テダナダ)を使う頻度は多いので覚えておいて損はない単語です。

■うわあ

ここまで、2つの単語をお話させていただいたのですが、実は、この2つの単語よりももっと簡単で使える単語があります。

それが「うわあ」です。

つまり、

「うわあ、すげーな、この人」という
意味が込められた「うわあ」

です。

この単語は、実は、

日本語と韓国語で発音が同じで最高に使える単語なんです。

簡単で覚えやすく、しかも、使いやすい。しかも発音が同じ。

まさに、言うことなし。

あなたの気持ちを簡単に表してくれる最高の単語なんです。

だからこそ、活用しない手はないですよね。

「すごいな、この人」を表す簡単な表現は「ウア」です。

これ、かなり使えます。「うあ」だけで「うわあ、すごいな」という意味合いで使えるので、使わないと損です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は韓国語テバを使うとやばい。

というテーマで色々とお話させていただきました。

いただきマンモス。

チョベリグ。

ゲッツ。

今の10代が見たら、

「はあ?」何このダサい言葉。

意味全然分からないし~

こんな声が聞こえてきそうです。

これらは全て死語になっています。

ですが、ひと昔前には、爆発的に人気のあった言葉だったんです。

気になった人は、ぜひ、死語と検索して調べてみてください。

この死語は実は韓国語にも存在しています。

死語とまではいかなくても、

「使うとダサいな~」

「この人、いつの時代の人なんだよ~」

と思わず相手にツッコミを入れられてしまう可能性のある単語が存在します。

それが、대박(テバㇰ)です。

日本人の韓国語学習者は「テバ」と表記したりしますが대박(テバㇰ)と表現した方がよいです。

대박(テバㇰ)を使ったら、10人の韓国人全員が違和感を感じるかどうかは、人それぞれです。

ですが、私の奥さん曰く、

대박(テバㇰ)はもはや、あまり使われないひと昔前単語。

この部分は認識しておいて損はなさそうです。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。

長文読んで下さりありがとうございます。