韓国語「約束」が勉強ゼロで覚えられてしまうヒミツのお話

韓国語で「約束」は약속(ヤㇰソㇰ)と言います。

ここで、ある事に気づきませんか?

そうなんです!

発音が日本語の「やくそく」とほぼ同じなのです。

実は、日本人は他の外国人に比べて、韓国語が学びやすく習得しやすいと言われています

その最大の理由が日本語と同じ発音をする韓国語単語が非常に多いからです。

今回は、日本人というだけで強みがたっぷり詰まった韓国語「約束」についてたっぷりとお話させていただきます。

韓国語「約束」は日本語の発音とそっくり!?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

日本語の「やくそく」と韓国語の「約束」は発音がほとんど同じです。

どれぐらい同じかと言いますと、こんな感じです。

当たり前の話ですが、日本語の発音でそのまま「や・く・そ・く」というと、

韓国人から

「何言ってんの?」

となるに決まっていますよね。

日本語の「やくそく」と似ているだけなので、韓国語の発音っぽく言うという条件はあります。

ですが、覚える時には楽に覚えられるというメリットはあります。

つまり、

勉強時間1分

でオッケイなのです。

もちろん、韓国語の約束を書けるようになったり、約束を使いまわすとなると、1分ではムリです。

ですが、発音だけをマスターしたければ1分あれば何とかなります。

「約束」の発音ができたら、次にするべきこと

ここまでのお話を読んでいただいたあなたであれば、韓国語の「約束」の単語は簡単にマスターできているはずです。

何か簡単すぎるな~

もう少し、言い回しなんかも覚えてみるか…

このような気持ちが出てきた人もいるかもしれません。

そこで、「約束」の単語をフル活用する方法をあなたにシェアさせていただきます。

約束をフル活用する時に、少し考えていただいたいのが、

あなたは「約束」という単語を
どんな時に使っているのか?

という部分です。

私は、誰かと何かを約束することが嫌いなタイプです。

ですので、私が「約束」を使って言葉にするなら、

「私は約束が嫌いな人間です」

このような文章にしたいので、

韓国語に訳すと、

このようになります。

つまり、何が伝えたいかと言いますと、

約束をどのように活用するかは、
人それぞれ違う

というわけです。

あなたがやるべき3つのステップ

■ステップ1;自分の言いたい「約束」表現を作る

まずステップ1で、あなたが言いたい「約束」を使った表現を日本語で考えてみましょう。

例えば、

このような感じで、自分が言いたい文を作ります。

今回は、かっこよく

「俺に、約束という言葉はない」

といった感じで考えてみましょう。

■ステップ2;グーグル翻訳で韓国語に変える

次に、ステップ2であなたが言いたい表現を韓国語に変えます。

韓国語に訳せないから、困っているんじゃん

という意見が聞こえてきそうですが、

いくらでも方法はあります。

例えば、

あなたの気持ちをグーグル翻訳して、
そのままパクる。

これで十分、あなたの気持ちを韓国人に伝えることができます。

実際に、私がグーグル翻訳にかけると、次のような感じで翻訳することができます。

もしも、翻訳間違ってないかな…と心配になられた方は、韓国人の友達に聞くか、あなたの周りの韓国語のできる友達に聞いて確認してみることも1つの手です。

もっと簡単な方法としては、

私に言ってください!

私があなたの代わりに訳しますので。

ちなみにグーグル翻訳にかけると、こんな感じになります。

ちなみに、この翻訳パーフェクトです。

だとしても、

失敗したくないんだよ…

このように恐怖心を持たれている方の気持ちはよく分かります。

私も失敗したくないからです。

約束の言い回しフレーズ

そこで、「約束」を使った言い回しフレーズをあなたにお伝えします。

あなたが言いたい「約束」フレーズがもしかすると無いかもしれませんが、

出来る限りよく使われている、使いやすい形のすぐに使える形にして、あなたにお伝えします。

興味のある方は是非ご覧になってください。

「約束」の基本形を覚えましょう

約束の基本形は3つあると私は考えています。

それが、

「約束する」

「約束を守る」

「約束を破る」

この3つの基本形をきっちりと学べば、あなたの日常生活の6割から7割は困らないぐらいのフレーズになると思っています。

そこで、この3つの基本形について簡単にまとめてみます。

■約束だよ

相手に対して「これは約束だよ」と提案する時には、약속이야(ヤクソギヤ)と使います。

■約束しよう

誰かと一緒に「約束しよう」と言いたい場合は、약속하자(ヤㇰソㇰハジャ)と言います。

■約束守るよ

「約束を守る」と言いたい場合は、

약속을 지키다(ヤㇰソグㇽ ジキダ)と言います。

つまり、約束とセットでよく出てくる動詞は「守る」を表す지키다(ジキダ)となります。

ちなみに、「約束守ったよ」と言いたい場合は次のようになります。

■約束守ったよ

約束が守れた場合は、약속을 지켰어(ヤㇰソグㇽ ジキョッソ)と言います。

■約束を守ってください

誰かに「約束を守ってください」とお願いしたい場面では、약속을 지켜주세요(ヤㇰソグㇽ ジキョジュセヨ)と表します。

■約束、守れなくてごめんね

約束が守れそうにない場合は、「ごめん」とセットのフレーズを使うと相手に伝わりやすいです。

約束を破るの言い回しフレーズ

約束を破るのように、決まりやルールを破ると使いたい場合は、어기다(オギダ)を使うことが一般的です。

■約束を破らないでね

「約束を破る」という単語は、

「約束を破ります」よりも、
「約束を破らないでね」

の方をよく使うと思います。

もちろん、「あの人は、よく、約束を破ります」という言い方もできます。

ちなみに、この表現を韓国語に訳すと、

このような感じになります。

■この約束を破った人は、この家から出て行って下さい

「約束を破ったら」というフレーズは、よく使われるフレーズです。

약속을 어기면(ヤㇰソグㇽ オギミョン)というフレーズは覚えておかれると、非常に便利なフレーズです。

ちなみに、この「約束を破ったら」の後ろには、約束を破ったら何が待っているのか?

  • ビンタされるのか
  • おしりをたたかれるのか
  • 給料を減らされるのか
  • 家まで説教にこられるのか
  • ご飯をおごるのか

色々な条件が付く表現が多いです。

口約束って何?

ちなみに、口約束というフレーズもよく出てきますよね。

そこで、韓国語で口約束の単語についてもシェアしておきます。

口約束は韓国語で말약속(マㇽ ヤㇰソㇰ)と言います。

私は口約束がめちゃ大好きです。

そ周りの人からは、そんな約束、よく口だけで成立するね…

このように言われることが多いですが、約束が果たされることしかありません。

約束を破られたら、そこまでの関係ということ。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は韓国語の「約束」について色々とお話させていただきました。

韓国語で約束は약속(ヤㇰソㇰ)と言います。

韓国語の「約束」と日本語の「やくそく」は発音が似ていますので、発音だけを学びたい方にとっては、勉強ゼロで気軽に発音することが可能です。

実は、韓国語には約束という単語以外にも日本語の発音と似たような発音をする単語が多いです。

例えば、

図書館=도서관(トソグァン)

三角=삼각(サㇺガㇰ)

このように、日本語と似ている単語はたくさんあります。

この理由ですが、韓国語も中国の漢字がもとになって作られているためです。

だからこそ、

日本語と韓国語は共通点が多く、その1つが「似ている発音」です。

韓国語の単語を学ぶ上で、どの漢字がどの発音をするのか。

この部分を知るだけで、他の韓国語学習者との圧倒的な差をつけてスピード習得できますが、その話をするとかなり時間がかかってしまうので、

また、どこかでお話をさせていただきます。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。

長文読んでいただき、ありがとうございます。