韓国語の勉強におすすめの映画はどれ?映画勉強の長所と短所を徹底解説

国語の勉強に韓国の映画をみながら、ゆっくり、まったり、ぼーっと韓国語の勉強をしたい。

このように思われている方も多いのではないでしょうか。

この夢のような、好きな韓国の映画をただ見るだけで、

韓国語の勉強ができてしまうという何とも怪しい勉強ですが、

学習の成果が出た。

というタイプの人と、

全然、効果が表れなかった。

このどちらかに分かれます。

成果の違いはどこからやってくるのか?

私自身、不思議で仕方なかったので個人的に色々と韓国の映画を見ながら勉強して自分の韓国語力がどうすればアップできるのか。

この部分を色々と試しています。

そこで、分かったことが、

見る映画によって韓国語の勉強の効率に差が出るのではないか。

個人的にはこのように思っています。

もちろん、あなたはなぜ韓国語の勉強するのか。

つまり、韓国語を勉強する目的によってあなたが見るべき映画は変わってくると思います。

そして、もちろん、私はそれなりに韓国語の力がありますが、あなたが現在持っている韓国語の実力によっても、あなたが見るべき映画は変わってくると思います。

ですので、私のサイトだけを信じるのではなく、あなた自身でも色々なサイトから情報を仕入れながらあなたにあった極上で効果的な映画を見つけていく必要が出てきます。

今回は、私が個人的に、これはおすすめの映画だと感じた韓国語の勉強で使えそうな映画についてお話させていただきます。

1.韓国語の勉強におすすめの映画はあるの?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

韓国語の勉強におすすめの映画はありませんか?

この質問をよく見かけます。

この質問をよく見かけるのですが、私の回答としては、

私の回答

映画で実践の韓国語は学べない!

これが、私の出した結論です。

何なの?あなた!

このように思われた方も多いかと思います。

もちろん、韓国語の学習者の方で、

映画を見ながら勉強して韓国語の実力が上がった!

このような方もおられるかもしれません。

ですが、個人的に実際に韓国の映画を見ながら気づいてしまったことがあります。

それが、

実践で使えそうなフレーズが少ない!

この部分なのです。

実際問題、時間的な部分を考えた時に、映画を見る時に最低2時間以上の時間がとられます。
もちろん、映画好きな方にとっては2時間半ぐらいは韓国語のシャワーを聞き続けることができます。

ですので、韓国語に触れる時間は一日に何時間もとれることになります。

ですが、その2時間半ぐらいの映画をみることによって生まれる

あなたの得られ得る効果が少なすぎます。

しかも2時間半ぐらいの映画を見ながら、あなたが気になるフレーズや語彙を見つけようとする場合は、画面をいちいち止めて、フレーズをチェックしたり気になる単語を調べたり・・・

あなたが、もしも映画を見ながら実際にどんな単語を使っているか知りたい。

という思いで映画を見られているのだとしたら、

2時間半の映画で4時間の勉強時間が必須

このようにお考えになってください。

なぜ、4時間ぐらいかかるのか。

この部分なのですが、

私自身、実際に映画を見ながら気になる語句や気になるフレーズをチェックしながら勉強していた時期があるからです。

私が勉強で実際に見た映画は少し後でご紹介させていただきますが、実際に映画に出てくる単語や使いまわし、気になるフレーズなど・・・

事細かく調べようとすると下手すると4時間以上かかってきます。

しかし、実は、3分ドラマで韓国語をマスターできてしまう画期的な方法が存在します。

私が目を付けたのはNHKハングル講座のイ・ユニ先生です。このイ・ユニ先生が監修しているプログラムが今、ひそかに話題になっています。プログラムの評価を過大に宣伝することは避けたいので興味のある方は一度チェックしてみてください。
↓↓
3分ドラマで覚える!!らくらく韓国語

1-1.韓国語勉強に映画をおすすめしない理由

私自身がこれだけの時間を費やすことができた最大の理由は、韓国に行った時にアルバイトという形で仕事していたので、勉強の時間にゆとりがあったのと、奥さんの実家が近かっため、子どもをある程度いつでも預けることができたため、奥さんの子育ての負担も減らすことができ、私自身もフリーな時間が増えたためです。

ですのでフリーで独身の方や学生で時間がたっぷりある方にとっては、映画を使って語彙力やあたが気になるフレーズをチェックしながら、何度も同じ映画を見たり、2回目は字幕なしにチャレンジして、どれぐらい聞き取る力がついているかを確かめたり。

色々な形で勉強に生かすことは可能だと思います。

ですが、正直、映画を使った勉強をしてみておすすめできない最大の理由があるのです。

映画勉強のおすすめできない点

実践で使えないフレーズが多すぎる

この部分です。

私とあなたが韓国語を勉強する目的はもしかすると、違うかもしれません。

私は別に通訳になりたいわけではないですし、韓国語のトピック試験で6級が散りたいわけでもありません。

ただ、韓国人や子どもと韓国語で不自由なく話したい。

このような韓国語の能力を測る上では、あいまいなで測ることができない目的を持っています。

ですが、逆に、もしもあなたがトピックの試験で6級が取りたいのに、
映画で勉強を繰り返しているという状況だとしたら、
かなりマズイ勉強法だと言えます。

これは、なぜなら、
あなたの勉強する目的がかなりずれている可能性があるためです。

例えば、トピック試験でのリスニング力を付けたいから、映画を見て韓国語に触れる。

一見、筋が通っている勉強のように感じてしまいがちです。

ですが、

トピック試験のリスニング力を上げるなら、
トピック試験の過去問を反復勉強。

この部分だけに集中していけば問題ないです。

私だったら、過去問を解いて問題になれ、実際に出されたリスニングの問題を分析して、リスニングが出されそうな傾向を見て、似たようなリスニングの教材を買って反復練習して試験に挑むと思います。

ちなみに、私は5年前にトピックの4級に合格しましたが、全く韓国語が分からない初心者から勉強を始めて半年後に4級合格まで行きました。

私が勉強したことは、過去問を解きまくり、問題になれたこと。

これだけです。

このように、あなたが何の目的で韓国語を勉強しているのか。

この目的の部分を明確にして勉強する必要があります。

2.韓国語の勉強で映画を見た方が良い人

ここまでの話はあくまでも私のいち個人的な経験談から、

韓国語の勉強に映画はあまりおすすめできない。

このようにお伝えさせていただきました。

ですが、もちろん、韓国語を学習されている方の中には映画を使って韓国語を勉強してみたい。

このように思われている方もいらっしゃると思います。

ということで、次の気になるテーマにうつっていきましょう。

次のお話

映画を見ながら韓国語を勉強すると効果的な人ってどんなタイプ?

次は、このテーマについて簡単にお話させていただきます。

私が思うに、次の3つのタイプの人にとっては映画の学習が効果的になる可能性があると考えています。

映画の勉強が合ってる3つのタイプ

1.韓国に好きな俳優さんや女優さんがいる人
2.韓国のドラマが好きな人
3.韓国語の学習に興味をもった初心者

私が思うに、この3つのタイプの人は映画での勉強が効果的になりやすいのではないかと考えています。

実は、私、この3つのどれにも当てはまらいのです。

つまり、韓国ドラマや韓国の映画に全く興味がない人間なのです。

だからこそ、あまり映画による勉強方法が効果的ではなかったのだと思っています。

韓国のドラマを見ると2つの意見に分かれます。

それが、

1.生々しいドラマストーリで続きがみたくなる!
2.ドラマのストーリーが長すぎて疲れる

たいてい、この2つの意見に分かれます。

ここで、続きが見たいという意見になったのであれば、韓国映画に興味をもつ可能性が高いです。

興味が湧いて実際に映画をみるだけでも韓国語に触れることができるため、韓国語の勉強にはなっていると思っています。

また、3の初心者が映画を見ても意味ないのではないか?

この部分なのですが、もちろん、個人差はありますしその人の特性や映画の種類などによっても変わってきますが、

初心者の方におすすめな勉強スタイルは、まずは文字ベースで覚えるというよりも、実際に韓国語の話している韓国人をテレビ越しでもよいので見て、韓国語に触れ、慣れる。

たくさんの韓国語に触れる時間を作る。

この時間はけっこう大切だと私は考えています。

この時間の大切さに気付いたのは、私が韓国語を勉強し始めた頃にさかのぼるのですが、

私が韓国語の初心者で全然韓国語ができない中でも、少しずつ確実に韓国語が向上できたのにはある理由があったと考えています。

それが、

韓国のテレビ番組をよく見ていた。

この部分です。

私、実は、奥さんのテレビ好きもあって韓国の番組を韓国語もよく分かっていないのに何となくボーっと見まくっていたのです。

この時間が今思うと、韓国語を早く習得できた大きな要因になったと感じているのです。

ですので、あなたも、韓国語初心者だからこそ、先に文字ではなく、韓国語に慣れる耳から作ってしまう。

初心者だからこそ、耳から入るって結構大切だと経験上思います。

3.韓国語の勉強におすすめの映画ってないの?

ここからは、もう一度、今回のテーマである

「韓国語を勉強する上で、おススメの映画はないの?」

というテーマに戻してお話させていただきます。

私には、おすすめの映画があります。

ですが今からおすすめする映画は、単純に私が好きな映画であって、あなたに合うかどうかは不透明なのです。

私のおすすめする映画

아저씨

私がおすすめする映画に 아저씨 があります。

아저씨は「あじょし」と言い、韓国語に訳すと「おじさん」という意味になります。

おじさんというと、何となくイケてない男性をイメージしてしまいがちだと思います。

ちなみに、この映画に出てくる”おじさん”はこんな感じのおじさんです。

この「おじさん」はウォンビンさんです。

はっきりと言って、

こんなかっこいい「おじさん」いません。

私、このアジョシという映画を見てウォンビンの大ファンになってしまったのです。

別にゲイではないのですが、男としてかなりホレています。

というわけで、韓国語を勉強するときにはこの「アジョシ」をぜひ見ながら勉強していただけると嬉しいです。

3-1.映画ではなくショート動画が効果的!?

今回は、韓国語の勉強をしたいからおすすめの映画をおしえてくださいよ。

この質問に答える形での記事になればよかったのですが、残念ながらあまりこの質問の答えになっていません。

そんなことよりも、映画で2時間半も時間を費やすのであれば、場面ごとにフレーズが分かるショートムービーの方が短時間に何度も見返すことができ、しかも、字幕付きでリスニングの練習にもなる。

画期的なショートムービーを無料で、

提供してくれている太っ腹なサイト

が存在しています。

この詳細については、私が少し前に書かせていただいた記事の中に、ぜひ、あなたに読んでいただきたい記事があり、その記事内におすすめのサイトをご紹介させていただいております。

ですので、興味を持たれた方はこちらのサイトもチェックしてみてください。

かなり充実した内容になっておりますので、記事のボリュームは5分ほどで読み終わるサイトですが読むだけで得するようなサイトに仕上げていますので、かなりおすすめのサイトです。

読むだけで得するおすすめ記事;

初心者必見!韓国語の勉強する方法が見つかる魔法のお話

4.今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、

韓国語を勉強する上でおすすめの映画ってあるの?

というテーマでお話させていただきました。

私の結論から言いますと、

「映画で勉強しても良いけど、実践では使い物にならない」

このように考えています。

もちろん、学習者の勉強する目的や、映画や勉強の合う合わないなど色々な要素によって答えは異なってしまいます。

ですが、実際に私自身が映画を見ながら勉強した経験談からお話しますと、メリットよりもデメリットの方が多いと感じました。

私が考えるメリットとデメリットを簡単にざっくりとまとめておきます。

映画の勉強のメリット

1.長時間、韓国語を聞くことが出来る。
2.韓国のドラマが好きな人は頭に入りやすい。
3.セリフや言い回しなど語彙が増える。
映画の勉強のデメリット

1.時間がとられる
2.実践で使えるフレーズを探すのに時間がかかる
3.試験勉強には不向き

物事には、良い面と悪い面があります。

私の場合は、映画による勉強が合わなかったのですが、大切な部分はあなたも実際に映画による勉強をやってみることです。

やってみるから、勉強に最適な映画を教えてよ!

多分、すぐに行動したい人はこのように思われたと思います。

すぐに行動したい人におすすめなのが、

映画ではなくショート動画

です。

先ほど、私の過去に書いた記事でおススメの記事をご紹介したと思いますが、興味を持たれた方は一度、ご覧になってみてください。