韓国語で了解はアラッソ?発音つきで今すぐ使える厳選フレーズ

韓国語で了解はアラッソですか?

この質問、非常に多いです。

答えとしては、アラッソではありません。

正しい答えは、「アルゲッソ」「アルゲッスンニダ」「アルゲッソヨ」

この3つぐらいがよく使われています。

今回は韓国語で了解と言いたい時に使える簡単な発音についてお話させていただきます。

そもそも、了解って使うの?

ダイちゃん
こんにちは。韓国語専門ライターのダイちゃんです。

「了解」という言葉は、普段の親しい友達からはあまり使わない単語だと思います。

つまり、ビジネスや目上の人に対して使われるフォーマルな単語だと言えます。

また、日本語の場合は「了解よりも承知」の方が丁寧だと言われています。

私は了解を連発していますが、承知の方がよさそうです。

韓国語で了解を意味する単語とは?

韓国語で了解を表す単語は

  1. 「アルゲッスンニダ」
  2. 「アルゲッソ」
  3. 「アルゲッソヨ」

の主に3つがあります。

ですので、それぞれを表にまとめてみます。

了解いたしました

「了解いたしました」とかなり丁寧な表現をしたい場合は、「アルゲッスンニダ」と言います。

このフレーズだけ覚えておけばオッケイだと言えます。

了解です

「了解です」を意味する「アルゲッソヨ」も丁寧な表現です。先ほどの「アルゲッスンニダ」よりはカジュアルな表現になりますが、全体的には丁寧な意味合いがあります。

了解で~す

「了解で~す」と少し和らかい表現にしたい場合は、「アルゲッソ」と使えばよいです。

アラッソとアルゲッソの違い

アルゲッソの単語でよくでる質問の1つに、

この質問が、かなり多いです。

実は、「アラッソとアルゲッスンニダ」は全然意味が異なりますので、ぜひ、これからのお話を読み進めていただければと思います。

アラッソヨは「知っている」という意味を表す単語です。

それに対して、アルゲッソヨは「理解している」という意味を表す単語です。

今回の意味である了解には「理解しました」「分かりました」という意味が含まれているため、「アルゲッソヨ」と表現するわけです。

了解をお願いしたい時に使える必須フレーズ

これまでのお話では、

自分自身が理解しました!

という意味で「アルゲッソ」「アルゲッソヨ」「アルゲッスンニダ」を使いましょう。

というお話をさせていただきました。

ですが、

相手に対して、自分のやっていることをご理解ください。

このように相手にお願いする「了解」の場面についてもついでなのでご紹介させていただきます。

日本語で考えた場合は、「ご了承ください」という表現に似ていると思います。

(画像引用元;http://shoehorn.jp/2019/09/26/post-201479/

この上の画像にあるような感じで「前もってこちらの要件に納得してください」という意味で使われる単語です。

この場面での了解は韓国語では、

「ご了承下さい」を意味する表現は「ヤンヘ ブタカンニダ」と言います。

この表現に出てくる양해(ヤンヘ)には「了解」「了承」という意味が含まれています。

発音が分からないと相手に使えない…

ここまでで、韓国語の「了解」について使えるフレーズを一通りご紹介させていただきました。

つまりここまでのお話を聞いていただいた「あなた」であれば、韓国人に対して「了解」と伝えることができるわけです。

しかしながら、韓国語を勉強されている方の中には、

失敗したらどうしよう…

自分が言ったことが通じなかったら恥ずかしいな…

相手からバカにされたら嫌だな…

完璧に発音できないと相手に使えない…

このような気持ちから、なかなか覚えた単語が発音できないという人がいます。

この気持ちはとても分かるのですが、単語を言わずに一生を棒に振るのも勿体ないですよね。

覚えた単語は相手に伝えてはじめて、単語としての役割を果たします。

相手にプレゼントを買ったのに、プレゼントを渡さないのと同じぐらい勿体ないです。

というわけで、行動に起こせない人の大半は自分の発音が正しいのかが分からない。

見本が見せてほしい。

このような気持ちだと思います。

そこで、発音も載せておきますので、ご自身でチェックしてみられることをおすすめします。

了解の発音4連発

【アルゲッスンニダ】

アルゲッスンニダは、とても丁寧な表現です。

ですので、目上の方に対しても使える言葉です。

【アルゲッソヨ】

アルゲッソヨも丁寧なフレーズですが、アルゲッスンニダよりも少しカジュアルな感じで使われます。

【アルゲッソ】

アルゲッソは同級生や仲の良い友達に対して使うフレーズです。

【ヤンヘ ブタカンニダ】

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は韓国語で了解の発音について色々とお話させていただきました。

日本語では、了解よりも承知の方が丁寧な表現であると言われています。

それから、

了解は自分が理解しているという意味で使われるので

알았어(アラッソ)では意味が通じません。

アラッソは「知っている」という意味がありますが、理解しているという意味で使いたい場合は、

  1. アルゲッスンニダ
  2. アルゲッソヨ
  3. アルゲッソ

この3つを覚えておくことで、すべてをカバーできると思います。

今回のお話が少しでもあなたの役立つ情報になれば幸いです。