「倒す」は韓国語でこの4つ!場面別、今すぐ使える速攻単語、公開中

倒す相手は誰?

私は、すぐに自分の友達や、職場の同僚などをライバルにおいてしまうタイプです。

ですが、本当に倒さなければいけないのは、

自分自身

だと思います。

私、自分にとても弱いです。

すぐに、言い訳してしまい、すぐに、他の人に責任を押し付けてしまう最低なタイプです。

頭の中では、「問題の根源は自分自身にある」と思っているはずです。

あなたは、自分に打ち勝てるタイプですか?

さて、話を本題に戻します。

今回のお話は韓国語で「倒す」は何?

というテーマです。

「倒す」は韓国語で젖히다(ジョッジダ)と使います。

実は、この젖히다(ジョッジダ)には、「席を倒す」のように使います。

ですので、他の意味で使われる「倒す」には別の単語が使われます。

私が考えている単語は主に4つあります。

そこで、今回は、韓国語「倒す」で使える4つの単語についてお話させて頂きます。

倒す=ビール瓶

「倒す」には、

「瓶ビールを倒す」

「花瓶を倒す」

「パンチで相手を倒す」

このような「倒す」に対しては、쓰러뜨리다(スロトゥリダ)と言います。

【瓶などを倒す】

スロトゥリダ
쓰러뜨리다

この쓰러뜨리다(スロトゥリダ)には、

「瓶などが倒れる」

「ボーリングのピンが倒れる」

といった使い方ができます。

倒せないピン

ボーリングのネタになったついでに、
あなたに質問です。

ボーリングには倒せないピンがあるそうです。

そのピンの名前知ってますか?

実は、一流のボーリング選手であっても、
センターピンだけを倒すことはできないそうです。

これは、真ん中のピンを倒せば、あとは、
自動的に他のピンも倒れてしまうためです。

つまり、意識しなくても、
倒れてしまうわけです。

ですので、物事を動かす場合にも、
このセンターピン(重要なこと)を意識することが大切だと思います。

話をもとに戻します。

쓰러뜨리다(スロトゥリダ)の意味ですが、他には、

相手を突き飛ばして、
「相手を転ばせる」

このような意味合いもあります。

実は、この쓰러뜨리다(スロトゥリダ)と似た単語に、

넘어뜨리다(ノモトゥリダ)

があります。

쓰러뜨리다(スロトゥリダ)も넘어뜨리다(ノモトゥリダ)も同じような場面で使うため、どちらの単語をつかってもオッケイです。

相手を転ばす表現ではなく、抽象的に「打ち負かす」「破る」の意味で「倒す」という意味もあります。

次は、この打ち負かす意味の「倒す」についてご紹介します。

倒す=打ち負かす

「倒す」には「相手を打ち負かす」という意味での「倒す」もあります。

つまり、相手に「勝つ」という意味です。

【打ち負かす】

コッタ
꺾다

「相手を打ち負かす」という意味での「倒す」には꺾다(コッタ)を使います。

【今度こそ相手チームを倒すぞ】

イボネヤマルロ サンデ ティムル コッゲッタ
이번에야말로 상대 팀을 꺾겠다

【ライバルを倒しました】

ライボルル コッゴッソヨ
라이벌을 꺾었어요

このように、

「相手に勝つ」「相手を打ち負かす」「相手を破る」

という意味で使われる単語が꺾다(コッタ)です。

私は、どうしても相手と比較してしまい、

相手に勝ちたい
相手に勝とう…

このような気持ちになってしまいがちです。

そんな時に、いつも自分に言い聞かせているコトバがあります。

それが、アリストテレスさんの言葉です。

自分に勝つこと。
これこそがこの世で最も難しい勝利である

この言葉を毎日、意識して過ごしています。

グーグルかアップルか忘れたのですが、以前、

大企業の生産性に関する本を読んでいました。

その時に、すごい事実を見つけたので、あなたにも、シェアさせていただきます。

それが、

相手と競争させると、

会社の生産性(売上)が下がる。

というものでした。

この本によると、

競争させると、社員同士が足を引っ張る関係に発展しやすいためだそうです。

この事実に触れた時に、これは、人生単位で考える必要があると感じました。

人と比べても、上には上がいるわけで、絶対に負けます。

ですので、比べる対象を他人にする必要がないと思います。

このような考え方を意識してから、以前の自分よりも少し余裕を持てているなと感じています。

少し、横になりたくないですか?

長話をした時や、夜遅くに会社から帰ってきた時。

横になると楽ですよね。

私も横になりたいです。

車の座席や背もたれを後ろに「倒す」したい時もあるかと思います。

次は、背もたれを「倒す」場面で使われる単語についてお話させていただきます。

倒す=座席

座席を倒すと楽になれます。

【倒す=座席】

ジョッジダ
젖히다

車の座席や新幹線の座席、飛行機の座席など、「座席を倒す」と使いたい場合には、젖히다(ジョッジダ)が使われます。

젖히다(ジョッジダ)には、「反らす」という意味があります。

例文

【座席を倒す】

ジャソグル ジョッジダ
좌석을 젖히다

韓国語で「背もたれ」と言いたい場合には、

등받이(デュンバディ)

と言います。

【座席を倒したいです】

ジャソグル ジョッジゴ シポヨ
좌석을 젖히고 싶어요

このように表すことができます。

それから、最後に、もう1つ「倒す」で使える単語についてお話させていただきます。

倒す=引っ越し業者

「倒す」には、運んだり安定した形で置いたりするために、モノを寝かせることがあると思います。

ここでのモノを寝かせるとは、つまり、モノを横にするという意味です。

「モノを横にする」とは、つまり、「モノを倒す」ということです。

このような感じで、モノを運ぶ時に倒して運ぶイメージです。

【倒す=横にする】

ヌイダ
누이다

「モノを横にする」という意味で「倒す」を使いたい場合には、누이다(ヌイダ)が使われます。

この누이다(ヌイダ)は、よく뉘다(ヌイダ)という形で表されることもあります。

例文

【家具は横に倒して運びました】

カグヌン ヨプロ ヌイオソ オムギョッソヨ
가구는 옆으로 뉘어서 옮겼어요

このように、뉘다(ヌイダ)を使って表すことができます。

今回のお話のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は韓国語「倒す」についてお話させていただきました。

韓国語で「倒す」には主に4つあります。

本日のお話では、今すぐ使える単語を4つピックアップしました。

1倒す
쓰러뜨리다(スロトゥリダ)
넘어뜨리다(ノモトゥリダ)

2打ち負かす
꺾다(コッタ)

3背もたれを倒す
젖히다(ジョッジダ)

4横にする
뉘다(ヌイダ)

この4つの単語について、お話させていただきました。

この4つの単語を使って、「倒す」に対する価値観が深まれば嬉しく思います。

自分に勝つ。

そして、

一日1ミリでもいいので、成長した自分になれるように、日々頑張っていく。

この姿勢が私の理想です。

今回のお話が少しでも、あなたの韓国語学習のプラスになれば幸いです。

長文読んでくださりありがとうございます。